モノ/ガジェット

運転に集中できないその悩み、「車内の空気清浄機」で解決できるかも?

小暮ひさのり

テクニカルライター/ハウスクリーニングアドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

3分で空気キレイな本格派!です。

先日発表された、空気清浄機メーカー「Blueair(ブルーエア)」の車内用空気清浄機、「Blueair Cabin」をお借りできたので、マイカーで試してみました。

本体の標準価格はセダン・ハッチバックなどの中型車用の「Blueair Cabin P2i」が29,000円、SUB・ミニバンなどに向けた2台セットの「Blueair Cabin P2iD」が48,000円となっています。

家庭用の空気清浄機くらいの価格になりますが、車種を問わず後付できる!というのは、このモデルの利点ですね。取り付けも工具不要で本当に簡単です。

注目したいのが、空気清浄機メーカーが作った本格派仕様である。という点。

実際にドライブで試してみたところ、付け続けていると「あっ、そういえばいつもより楽…かも?」と思える不思議感。プラシーボかもしれませんけどね。

車に乗る前は服を払って、乗り降りはすばやく、そして車内では「Blueair Cabin」を可動させて。といった布陣で挑めば、信号待ちのたびに鼻をかんだり、目のかゆみに悩んだりせず、運転にも集中できると思います。

フィルターは1日2時間の使用で、約半年が交換サイクルとのこと。交換用フィルターは4,000円と、ランニングコストもかかるアイテムですが、週末ドライブ的な頻度であれば、1年くらいは余裕で持ちそう。

花粉のひどい方、車内のホコリや匂いに敏感な方、そして我が家のように小さな子どもが居る家庭などでは、ドライブの快適さや安心感へと繋がるのではないでしょうか?

==便利なガジェット・役立つiPhoneTipsを定期更新==
==  「フォロー」「いいね!」お願いします!  ==

…続きを読む