モノ/ガジェット

今のiPhoneカメラを「iPhone 11級」にグレードアップさせる2つの撮影テクニック

小暮ひさのり

テクニカルライター/ハウスクリーニングアドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

便利なガジェット・役立つTipsを定期更新
Yahoo!アカウントで「フォロー」してもらえると、
Yahoo!アプリへ更新通知も届きますよ!

======このアイテムのレビュー記事↓======

ついに出ますね、「iPhone 11」や「iPhone 11 Pro」。

毎年のことですがカメラが大幅に強化されて「超広角」や「ナイトモード」といった新しいカメラ体験を楽しめるようになっています。

しかし、昨年モデルの「iPhone XS」シリーズだって、ちょ〜っと撮り方を工夫すれば、「iPhone 11」シリーズみたいに「ナイトモード」風や「超広角」風な写真を撮ることができるんです。ここでは、それら2つのテクニックを紹介します。

まずはiPhone 11新機能の「ナイトモード」のように夜間を明るく撮る方法ですが、こちらは有料アプリとなりますが「NeuralCam」を使います。

露出の違う設定で3回ほどシャッターを切ることで、あたかもナイトモードのような明るい夜景を撮影できますよ。画質はもちろんiPhone 11の方が上だと思いますし、現像までに時間がかかります。でも、1世代前のiPhoneでもこれだけ映れば十分すごいですよね!

続いても新機能の「超広角」撮影。これはスマホ用の超広角レンズを後付けすることで実現可能です。今回採用したのは大きくて写りの良いAUKEYの「PL-WD06」。取り付け、取り外しの手間こそあれど、いままでのカメラでは撮れなかったダイナミックな超広角写真を収めることができますよ。

こちらも解像感や手軽さの面ではiPhone 11が断然有利ですけど、このレンズも3000円ほどで買えるので、現状のiPhoneで超広角の世界を試してみたい!といったシーンでは便利かも。まぁ、超広角って、普段からそんなにバシバシ使うものじゃないかもですが……。

というわけで、感の良い方はお気づきかと思いますが、これはアプリとかレンズを使うと、同じような写真も撮れるから、無理して買わなくてもいいんじゃないかな? と、僕自身を納得させるための記事であり動画です。

もちろん、あくまでもiPhone 11カメラ「風」に撮れるだけであって、iPhone 11には敵いません。iPhone 11シリーズを手に入れる方は、お手軽にこれを上回るカメラ体験を楽しめると思うので、存分にお楽しみくださいね!

・Yahoo!ショッピングで超広角レンズ「PL-WD06」を検索
http://urx.space/SmyC

※一部製品画像はAppleより引用

…続きを読む