モノ/ガジェット

この機能知ってた? 写真ヘタをフォローしてくれる「iPhone 11/11 Pro」のすごい新機能!

小暮ひさのり

テクニカルライター/ハウスクリーニングアドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

便利なガジェット・役立つTipsを定期更新
Yahoo!アカウントで「フォロー」してもらえると、
Yahoo!アプリへ更新通知も届きますよ!

======このアイテムのレビュー記事↓======

iPhone 11、iPhone 11 Proシリーズはカメラの数が増えただけじゃありません。追加されたカメラによって新しい写真の体験も楽しめるようになり、誰でも上手に写真を撮る。ことができるようになっています。

これに伴い、これまでの操作とはちょっと違うポイントもいくつかあるので、ここで紹介しておきますね。

・シャッター長押しで動画撮影
これまでシャッターボタン長押しでバースト(連射)モードでしたが、iPhone 11では長押しで動画撮影になっています。すぐに撮れて、指を離せばすぐに撮影が止まるので、一瞬のチャンスを逃さず収められます。

・バーストモードはスワイプになった
ではバーストモードはどこへ?というと、これはシャッターボタンを左スワイプに変更されました。覚えておきましょう!

・広角でポートレート撮影
iPhone XRではできた機能ですが、iPhone 11 Proでもできるようになりました。なお、iPhone 11はズームカメラがないので、ポートレートは広角のみです。

・見切れた写真を修正
設定によっては、フレーム外の世界も同時に撮影でき、撮影後に画角を調整できます。急いで撮ったから、構図にしっぱいしてしまった……。というときも、この機能が有効になっていれば安心です。

この機能は標準で有効になっていないので、設定を見直しましょう。

「設定」→「カメラ」→「写真のフレームの外側を含めて撮影」と「ビデオのフレームの外側を含めて撮影」をそれぞれオンにします。

なお、この機能を使うには写真・動画のフォーマットを「高効率」に設定する必要があります(機能をオンにすると自動で切り替わります)。また、フレーム外の情報は、撮影の30日後に自動で削除されるので、容量の圧迫も最小限です。

と、新型iPhoneのカメラには、機能の利用方法が変わっていたり、便利な機能が追加されています。写真を撮るのがもっと手軽になり、失敗もフォローできるという、スマホカメラならでは体験ができますよ! 特に見切れた写真の修正は、本当に便利で構図を気にせず撮れるので、ぜひ試してみてくださいね。

…続きを読む