タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

初めての和風担々麺はあっさりめ「行列の絶えない東京の名店 多賀野 ごまの辛いそば」

コグレマサト@ネタフル

ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「中華そば 多賀野」は、1996年に東京都品川区で創業した行列の絶えない名店だそう。たびたびメディアでも取り上げられているのだとか。

ただ、恥ずかしながら多賀野については、今回のカップ麺で初めて知りました。思っていなかったような味だったので、機会があればお店にも足を運んでみたいと思っています。

‥‥というような、プロモーション効果も、こうしたコラボカップ麺では小さくないのでしょうね。コロナ禍で、なかなか実店舗には足を運びにくい日々が続いておりますが。

「魚介の旨みが効いた和風担々麺」というのが売りになっていますが、パッと目に入ったのは、全粒粉入りのストレートノンフライ麺です。これは見るからに美味しそう。こういう麺を採用しているというだけで、期待の高まるカップ麺です。

後から入れる特製香味ラー油もついています。この後入れ調味料の一撃で、ぐんと美味しさが増すカップ麺は少なくないです。

熱湯5分で完成した「行列の絶えない東京の名店 多賀野 ごまの辛いそば」に、特製香味ラー油を入れたところ。担々麺ですが、けっこうあっさりめのビジュアルなんですよね。さすが和風!?

スープの味も「魚介の旨みが効いた和風担々麺」にふさわしく、けっこうあっさりめです。担々麺というと濃いというイメージがありましたが、そんな思い込みを覆します。優しい担々麺のスープが美味しいです。麺もつるつるしこしこして美味しいです。

カップ麺としてかなり美味しいので、これは実店舗の味も確かめたくなります。

ごちそうさま!!!!!

詳細なレビューは↓もどうぞ(外部サイト)

魚介だしが美味しい和風担々麺「行列の絶えない東京の名店 多賀野 ごまの辛いそば」

シェア

いいね

コンテンツへの感想