タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【土浦市】早朝に出かけるのがおすすめ。運動不足解消にもぴったりな絶景が楽しめる小町山ハイキング

コイケケイコ

土浦在住ライター(土浦市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

おいしいものをたくさん食べて、ゆっくりと体を休めて。そんなふうにお正月を過ごせたら最高ですよね。もしも食べ過ぎて体が重くなってしまったら、食制限をするのではなく運動をして元通りを目指しましょう。おすすめは体を動かしながら眺めも楽しめるハイキング。小野に位置する小町山ハイキングは、運動不足解消にももってこいです。

標高約361mと小さいけれど、登ってみると意外とハードな小町山

小町山ハイキングのスタート地点は「小町の館」。「小町の館」の南側には登山を楽しむ方のための駐車場があります。「小町の館」のトイレや売店を利用することができるので、登山前に水などを購入し、トイレも済ませてから向かいましょう。

※山中にトイレはありませんのでご注意ください

ハイキングの準備が整ったらいよいよ出発です。「小町の館」を山側に向かって歩いていくと「朝日峠ハイキングコース」の標識が立っています。

4つのコースがある小町山ハイキング

小町山ハイキングは全部で4つのコースがあります。どのコースも片道1時間半程度で、斜面が急なので上りはきつく感じられますが、下りはゆるやかな道のルートもあるので、上りと下りでコースを変えてみるのも面白いです。

小町山登山道マップはこちらから

●天の川沢コース

沢沿いに登っていく「天の川沢コース」は見所もあって歩きやすいように道も比較的整備されているので初めてのハイキングや運動不足解消にはもってこいのコースです。

●尾根コース

「尾根コース」は、小町山の麓の方で尾根の部分を歩き、上の方で天の川沢コースに合流するルート。天の川沢ほどの見所は少ないながら、山桜の大木などを見ることができるので季節によっては尾根コースの方が風情があります。

●朝日峠ハイキングコースおかめ岩ルート

起伏に富んだちょっとハードなルート。斜面が急な個所が多いのでひーひー言うところもありますが、距離としては短めで見どころもあるので楽しいです。

●朝日峠ハイキングコースもみじ谷ルート

上の方で朝日峠展望公園とつながるコース。途中まではおかめ岩ルートと一緒で中腹あたりにある分岐点でルートが変わってきます。こちらも楽しい見どころがありますが、峠を後にする時には車道をたどることになるため注意が必要です。

展望所や山頂からは里山ならではののどかな景色が楽しめます

小町山の山頂へ行く手前に女坂展望所という場所があるのですが、ここからの眺めが気持ちいいのです。田園風景の先には土浦市街の眺めが広がり、その先には霞ヶ浦の眺めも楽しめます。里山ならではの景色に心がほっと和みます。

山頂手前の女坂展望所でちょっと休憩を。絶景を楽しみながらお弁当を食べたり水分補給をしたらいよいよラストスパートです。

こちらが小町山の山頂からの眺め。少し上っただけなのに日の光をより近くに感じることができます。朝焼けがとてもきれいなので、ハイキングは早朝スタートがおすすめです。

今回上りで利用したのは朝日峠ハイキングコースおかめ岩ルート

私が今回利用したコースは、朝日峠ハイキングコースおかめ岩ルートです。このコースの途中にある3つの見どころを楽しみたくて選択しました。

まずはコースの名称にもなっている「おかめ岩」。看板にもあるように小野小町の化身といわれています。

いわれてみれば岩がおかめ顔。ふくよかなお顔立ちで登山の疲れがほぐれるようです。

もうひとつがこちらの「ハート石」。分岐標識の下にあるのがそれです。

これも見たかったもののひとつ「よろこぶ」。遠くからみたら巨大な蜂の巣かと思いましたが、近づいてみると確かに「こぶ」です。なぜにこのようなこぶができたのでしょう。不思議です。

朝日峠ハイキングコースおかめ岩ルートは、最短で小町山山頂にたどり着けるということも選択理由のひとつでしたが、起伏が激しいので体力不足を痛感せざるを得ませんでした。上りの所要時間は約1時間半。かなり汗だくになりますが、ハイキングの途中に行き交う人たちと挨拶を交わしたり、「頑張ってくださいね」と励まし合ったりとそうしたコミュニケーションが楽しく、疲れが吹き飛びます。

運動不足解消を目的にするだけでなく、リフレッシュも目的にさっそく出かけてみませんか。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想