タイトル画像

専門マスター

  • いいね

周りの子より発育が遅いと感じたら

ここパパ

赤ちゃん体操の人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

自分の子と周りの子を比べて、「うちの子は発育が遅いのかな?」と不安に思うことは多くのママパパにあるようです。

そこで今回は、知識として覚えておいていただきたいことを3つ紹介します。

1、発育は遅くても早くても大丈夫

子どもの発育は本当に個人差があります。

遺伝的な体の構造や本人の性格、周りの環境など色々なことが関わってきます。

その中で大事なことは【他人ではなく我が子の過去と比べる】ことです。

1ヶ月前、3ヶ月前と比べると確実に成長している部分はあると思います。

私自身これを意識してかなり楽になりました。子ども自身を観察して認めてあげることが大切ですね。

2、前段階のことをしっかり経験することが大切

例えばハイハイは、ずりばいを沢山することでハイハイをするための筋力や柔軟性が養われます。

「ずりばいからなかなかハイハイするようにならない」等の相談も多く頂きますが、全く心配いりません。

むしろしっかりと経験しておくことが、次の動作を安定して出来ることに繋がっていき、それが子どもにとっての自信にもなるのです。

3、観察する

「今、子どもが何をしたいのか?」

「どんなことに挑戦しているのか?」等、子どもをじっと見ていると気付きや学びが沢山あります。

親としては子どもが何も出来ないことを1から教え込むより、子どもがやろうとしていることをサポートしたり手助けすることが重要だと思います。

そうすることによって子どもの「自分で出来た!」経験を積むことが出来、もっと色々なことに挑戦する意欲に繋がっていくのです。

子どもの発育が遅いと感じ不安になる時はあると思います。

そんな時に、この3つを思い出すことによって少しでもママパパの心が楽になったり、選択の引き出しが増えたりしたら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎朝7:00 【子育て健康ラジオ】配信中!

シェア

いいね

コンテンツへの感想