タイトル画像

専門マスター

  • いいね

「やればできる」を育む秘訣!

ここパパ

赤ちゃん体操の人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

子どもの「やればできる!」を育む秘訣は、心理学においては「動機付け」だと言われています。

1、外発的動機付け

アメとムチのようなもので、例えば「勉強したらゲームをしていいよ」などです。

基本的に親がコントロールできますが、デメリットは短期的な効果しかないことです。

2、内発的動機付け

自分自身の内面からやる気が出るようにするためには、この内発的動機付けが大切と言われています。

では具体的に何を大切にしたらい良いのでしょうか。

①成功体験を積み重ねる

②自分で選択する

③好きなことに没頭する

全てに共通することは

「自分はできる」を叶えられることです。

達成して自信がつき、技術や知識が身につき

また達成することで自信がつき知識が身につく。

こうして良い循環ができていきます。

子どもは本能的に好奇心をたくさん持っています。

子どもが成長できる環境づくりを意識して一緒につくっていきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎朝5:00【子育て健康ラジオ】配信中!

シェア

いいね

コンテンツへの感想