タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【宇都宮市】体に優しいたっぷりのハーブとスパイス。毎回完売「Curryの季」のカレーは、月・火のみ。

こまかん

地域ニュースサイト号外NETライター(宇都宮市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ラーメンの名店、自然派らーめん花の季から、2022年6月20日(月)、曜日限定でフレッシュハーブのカレーがいただける、Curryの季がオープンしました。

場所は、新里町の自然派らーめん花の季。こちらのお店の定休日である、月、火曜日のみの営業です。お店の詳細や、営業状況は公式Twitterをご確認ください。

お店に入り、席に着くと、運ばれてきたのは、お水とミントウォーターがたっぷり入ったガラスポット。香りをたっぷりと含んだミントウォーターをおしぼりに含ませれば、爽やかなおしぼりの出来上がり。細やかなこだわりを感じます。

気になるメニューは、フレッシュハーブカレー、1350円(税込み)のみ。ご飯の増減はできますので、お店の方に相談してみてください。

カレーを待つ間、オススメの食べ方を熟読します。こちらを読んだところ、どうやら生ハーブが添えられているよう。

こちらが、お店で取り扱っているハーブの一覧。聞いたことがある名前から、珍しいものまで、種類が豊富。

そして、こちらが今日のハーブたち。詳しい効能も教えてくれます。

こちらが、フレッシュハーブカレー。カレー自体にもお野菜がたっぷり。

こちらが、今日のハーブたち。食べるのがもったいないくらいキレイなお花も。先ほどの、ハーブ図鑑等と、よく照らし合わせたのち、お店オススメの食べ方でいただきます。

まずは、カレーをそのままいただきます。素揚げしたレモンの香りがさわやか! カレー自体は、辛さ控えめ。歯ごたえのあるお野菜や、しっとりチキン。更には鰹節をまぶした昆布と、それぞれバラバラな食材を、優しいカレーがひとつにまとめてくれます。

一通り堪能した後、生ハーブをちぎってトッピング。新鮮なハーブからは、ちぎった瞬間から、香りが広がります。

美味しさは、まだまだ終わりません。最後に、花の季の特製ラーメンスープをかけて味変。一皿で3つの味が楽しめます。

私が伺ったのは、オープン翌日の6月21日(火)の、11時。この日のTwitterによると、13時頃には、売り切れてしまったようです。スパイス&ハーブたっぷりの体に優しいCurryの季のカレーは、月、火のみの営業です。

Curryの季

宇都宮市新里町1606−13
営業日・時間
月曜日・火曜日
11:00~ LO 14:00
(売り切れ次第終了)

公式Twitter

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。