タイトル画像

【藤沢市】飲み干さずにはいられないハイレベルなスープを生み出す、江ノ島で評判のラーメン店とは

ころんころ

ライター(藤沢市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

スルッと飲み干してしまったこちらのラーメンのスープ。
どうやってこの美味しさを出しているのか・・うなってしまった1杯です。

こちらは『江乃華 JAPAN RAMEN(えのはなじゃぱんらーめん)』。場所は江ノ電「江ノ島駅」から徒歩1分のところにある「第二えのはビル」2階。カウンター席のほかにボックス席もあるので、ファミリーでも立ち寄りやすいお店です。

店主は加藤さん。若くて爽やかな夫婦で切り盛りしています。

お店のメニューはというと、大きく分けてラーメン2種(特上醤油880円・特白醤油880円)と、つけそば2種(鰹葱つけそば850円・辛葱油そば750円)。このほかご飯ものやアラカルトが用意されています。

その中から、最初に注文したのがこちら「水餃子(3個350円)」。自家製辣油でいただきます。

このもっちもちの「水餃子」ですが、想像をはるかに超える肉汁の量。いい歳をした大人の私ですが、服まで飛ばしてしまいました(気を付けて食べましょう。笑)。自家製辣油もパンチが効いていてクセになります。必ず注文したいサイドメニューですね。

続いて「鰹葱つけそば(並850円)」

『江乃華 JAPAN RAMEN』の麺は、トッピングにボリュームがあるのも特徴。低温調理された鶏チャーシューはしっとり柔らか。麺はもちもちとした中太麺です。動物系と魚介系の両方をあわせたつけ汁は、オリジナリティを感じる味わい。途中でレモンを加え、味の変化も楽しめます。

そしてこちらが美味しいと評判の「特白醤油(わさび付き)ラーメン(880円)」

見た目も美しい「特白醤油ラーメン」
見た目も美しい「特白醤油ラーメン」

麺は、全粒粉麺もしくは小麦100%麺から選べます(私は全粒粉麺を選びました)。

そしてスープは、国産の丸鶏やムール貝などからとった出汁に、熟成した白醤油を加えたもの詳細はこちら)。かなり旨みの強いスープですが、さらっとしていて澄んでいるから不思議。

全粒粉麺はあっさりしていて香ばしく、お蕎麦を食べているような感覚に。ラーメンに添えられたわさびを加えると、より繊細な和のテイストへ変化します(「水餃子」や「鰹葱つけそば」もですが、加藤さんは薬味や香辛料の使い方がとても巧み!)。肩ロースと鶏胸の2種類のチャーシューもとてもジューシーでした。

スープはもちろん1滴残さず完飲。
これを食べるために江ノ島へ行きたい!と思うラーメンですね。

そして「鰹葱つけそば」や「水餃子」はテイクアウトも可能。電話で予約し、おうちでゆっくり江ノ島の味をいただくのも、新しいお土産のスタイルかもしれません。

最後にもう一度・・
この水餃子、肉汁があふれるので食べるときは十分ご注意くださいね。笑

基本情報
店名:江乃華 JAPAN RAMEN
住所:藤沢市片瀬海岸1-9-6 第二えのはビル2階
アクセス:江ノ島電鉄「江ノ島駅」もしくは湘南モノレール「湘南江の島駅」より徒歩1~2分
電話:0466-66-8210
駐車場:無し(近隣にコインパーキング有り)

公式 ホームページ(外部リンク)
公式 Instagram(外部リンク)
公式 Facebook(外部リンク)
公式 Twitter(外部リンク)
※詳細は『江乃華 JAPAN RAMEN』の公式サイトをご確認ください。

取材協力 江乃華 JAPAN RAMEN様

【関連情報】
湘南台のラーメン屋さん『53's Noodle(ゴミズヌードル)』
長後のラーメン屋さん『倉家ラーメン(くらいえラーメン)』

シェア

いいね

コンテンツへの感想