モノ/ガジェット

ミラノサローネ&デザインウィーク2019 で見つけた注目の展示&プロダクトを紹介!!

コヤマタカヒロ

デジタル&家電ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

4月上旬 イタリア ミラノでデザインと
家具に関する展示イベント「ミラノサローネ 2019」「ミラノデザイン
ウィーク 2019」が開催されました

そこでレポートの第一弾として見つけた注目の
プロダクトと展示を紹介します!

まず一つ目はスイスの家具メーカー「Vitra」のブースにあった透明ディスプレイ。
実はこれパナソニックとのコラボで生まれたもの。

透明になると後ろに置いたオブジェが
透けて見えるのがわかります。

実は上海での家電展示会でもパナソニックブースに展示されていました。
製品化を期待したい一品です

そしてエアコンや空気清浄機を手がけるダイキンの
インスタレーションは佐藤オオキさんのデザインスタジオ
nendoとのコラボレーション。

偏光板で作った大量の花の中を歩いていると照明がゆっくりと変化。
それに合わせて花の濃さや影もかわることで
空気の存在を視覚的に認識できました。

気温や湿度など空気をコントロールする
ダイキンだからこその展示でした。

次はワコムとmui Labによる「柱の記憶」というプロダクト。
文字を表示していないときは木の柱にしか見えないのも特徴。

柱に子どもの身長を刻むようにワコムのペンで記しをつけると
その軌跡と数値がクラウドに記録される仕組みです。

さらに「木の成長と記憶」をテーマに
した三角みづ紀さんの詩も表示できます

住友林業は木材の利点を活かした天蓋とパーティションを提案。
リラックス効果や集中、時間を短く感じる効果があるそうです。

注目のキッチンではサンワカンパニーがカリモクがコラボ。
ステンレスと木製サイドボードの組み合わせ提案がステキでした。

INAXは日本と水の歴史を提案するとともに世界市場で販売する
浴槽や水栓などのシリーズを発表
日本を感じるデザインが魅力でした。

…続きを読む