モノ/ガジェット

  • いいね

これで本当に1万円!?コスパにびっくりしたシャオミ炊飯器

コヤマタカヒロ

デジタル&家電ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

昨年末日本での発売がアナウンスされ、話題を集めたのが中国シャオミの炊飯器。
Xiaomi は中国でスマートフォンなどで人気のブランド。
デジタル機器だけじゃなく様々な生活家電や雑貨も用意しています

今回、シャオミの IH 炊飯器をいち早く試す機会を得たので、
実際にご飯を炊いてみました。

最大炊飯容量は5合ですが、内釜に3合のご飯を入れて炊きます。
お米を研いで内側にセットするのは他の炊飯器と同様。

基本操作は上部の操作パネルからできますが、スマートフォンからも可能。
アプリを立ち上げて炊飯を実行します。炊飯時間は約1時間。アラームが鳴り響きます。

蓋を開けてするのファーストインプレッションは、
それほどツヤ感がない印象でした。ただし、しゃもじはの入りはよく、しゃきっりした所感を想像。

しかし食べてみると印象が変わります。ふっくら柔らかく、それでいてはりもあるバランスの良いご飯が炊けていました。 1万円とは思えない炊き上がりです。

残念ながら ご飯の硬さの調整機能などはまだ使えませんでしたが、この価格ながら十分に美味しいご飯が炊ける炊飯器でした。

https://www.mi.com/jp/mi-induction-heating-rice-cooker/

シェア

いいね

コンテンツへの感想