モノ/ガジェット

  • いいね

放ったらかしで美味しく焼ける究極の焼き芋家電「UMAIMO」登場!

コヤマタカヒロ

デジタル&家電ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

寒くなってくると食べたくなるのがあったかい料理。
焼き芋も冬の風物詩です。

それが簡単に作れるのが究極の焼きいもメーカー「UMAIIMO」。
熱風を対流循環させる高速空気循環技術を採用し、 サツマイモの水までムラなく焼き上げることが可能。

まずは80度で30分間、じっくり加熱し、 さつまいもに含まれているデンプンをゆっくりと糖化。
そして甘くなったさつまいもを200度でしっかりと焼き上げる「2段階焼き」を採用しています。

しかも、アルミホイルで巻いたり、といった下準備は不要 。
バスケットにさつまいもを入れてそのまま装着するだけです。

バスケットのサイズは直径約16cm。
大きいさつまいもはヘタをカットしたり半分にするなどして入れましょう。
さつまいもの太さに合わせてモードをセット。電源オンでスタートです。
後は、アラームがなったら完成です。

いろんな銘柄のサツマイモ食べてみましたが、
銘柄による甘さや、食感の違いが面白く、とても美味しかったです。

さつまいもは食物繊維も多く健康に良い食材。
この冬はいろんな焼き芋を楽しんでみてはいかがでしょうか

●Makuake 究極の焼きいもメーカー「UMAIIMO」クラウドファンディングページ
https://www.makuake.com/project/umaiimo/

シェア

いいね

コンテンツへの感想


モノ/ガジェットの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る