タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【京都市】東山区 祇園にある『大谷祖廟』とは?

高津商会RICA

LIFE&文化芸術☆プロデューサー/ジャーナリスト(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

京都の観光名所である八坂神社や円山公園を通り過ぎ、ねねの道に向かう途中に『大谷祖廟』があります。

『大谷祖廟』は、親鸞聖人の御廟所(墓所)です。

あまりにも綺麗に整備されているので、観光で入る人も多いそう。

「東大谷」さんとして親しまれています。「大谷御廟」と呼ばれることもあります。

「本願寺」はどちらも浄土真宗ですが、東本願寺と西本願寺とあることをご存知でしょうか?

豊臣秀吉によって西本願寺ができ、 徳川家康によって東本願寺ができたと言われています。

1272年に『大谷祖廟』は作られました。真宗本廟(東本願寺)は、当派の宗祖である親鸞聖人(1173~1262)の門弟らが、宗祖の遺骨を大谷(京都市東山山麓)から吉水(京都市円山公園付近)の北に移し、廟堂を建て宗祖の影像を安置したことに起源します。

菩提樹や沙羅双樹があります。なんとも仏教の祖であるインドを彷彿させる木々ですね。

私は、毎月のように、お参りに来ます。こちらでお焼香をさせてもらい手を合わせます。

円山公園のすぐそばにある『大谷祖廟』。いつ行ってもホッコリさせてもらえます♪

季節によっては、花語などが飾られますよ。

大谷祖廟

住所: 京都市東山区円山町477

参拝: 5:00~17:00

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。