タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【大田区】さつまあげと皿うどんがとまらない、長崎佐世保・西海・五島への旅/蒲田

kraysky

ライター/東京神奈川行ったり来たり(東京都大田区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

GWも明けて、次の祝日がいつなのか分からない今日この頃。心と胃袋だけでも、旅をしませんか。
JR蒲田駅西口からサンロード蒲田商店街に入って徒歩10秒。長崎料理の「宗平」で、本格的な長崎気分を味わえます!

食べ出したら止まらない、佐世保のさつまあげ
食べ出したら止まらない、佐世保のさつまあげ

一品目にして感動をもたらすのが、佐世保のさつまあげ(「さつま揚盛合」)。一般的なさつまあげに比べて粗めのすり身に感じます。ふわふわとしているのに、焼き魚を食べているくらいの満足感!ぷりぷりしたかまぼこや、練り物感の強いさつまあげとは一味違いました。揚げてある外側も、カリカリとしておいしい。

続いて、刺身盛り合わせ。刺身用に、「西海醤油」も出してくれました。西日本の醤油は東日本と違って、甘みがありますね。お酒が進みます…。

手書きのメニューには旬のものが並びます。

メニュー例(2022年4月取材時)
メニュー例(2022年4月取材時)

この日、頼まずにいられなかったのは「アスパラ天ぷら」!長崎はアスパラの生産でも有名です。なお今回は筆者満腹のため、おすすめメニュー「西海トマト」まで頼めなかったのは無念!

アスパラの甘みを塩で味わう
アスパラの甘みを塩で味わう

そして、待ってましたの「長崎皿うどん」、大きい!育ちざかりの人でも満足できる大きさです。

皿うどん、上からの写真。立体感(高さ)は、冒頭の写真をご参照ください
皿うどん、上からの写真。立体感(高さ)は、冒頭の写真をご参照ください

2-3人で来店のお客さんたちも、一人前を頼んで分けている様子でした。パリパリ感のある細麺で、野菜の甘みと魚介、豚肉のやさしいお味。テーブルには「長崎生まれの金蝶ソース」をはじめ、兵庫の「イカリウスターソース」、中濃ソースもあり、好みの調味料でいくつもの味が楽しめます。

締めは「あご丸干」。食感は、めざし丸干しほど硬くはなく、干物よりは噛みごたえがある。筆者は頭からしっぽまで完食。…のんべえのみなさま、どうぞお察しください。

長崎県・今里酒造の「六十余州」とともに(※余は旧字の食+余)
長崎県・今里酒造の「六十余州」とともに(※余は旧字の食+余)

今回は靴を脱いで上がる、2階テーブル席を利用。1階はカウンター席なので一人でも入りやすいです。ランチ営業もあり、まずは皿うどん、ちゃんぽんを食べたい、という方にもおすすめ。

満腹になって、本当に長崎に行ってきたような気持ちに…おっと、外に出るとそこは蒲田の商店街でした。

<店舗情報>
宗平 西口店
住所:東京都大田区西蒲田7-67-4
アクセス:JR蒲田駅西口から徒歩2分、サンロード蒲田商店街内
宗平 西口店(食べログサイト)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想