タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

布団のダニが怖い、ダニを誘き寄せる効率的な掃除方法

ks._.myhome

時短家事コーディネーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。時短家事コーディネーターお掃除スペシャリスト講師のAyakaです。これからの季節、お布団のダニが気になりますよね。どうやったらダニを予防できるのか気になりませんか?

部屋を暗くする

ダニは暗いところで活動をすると言われています。お掃除をはじめる前に部屋を暗くします。奥に潜んだダニがエサを求めて表に出てくると言われています。

@ks._.myhome
@ks._.myhome

ダニが表に出てくるタイミングは暗くしてから1時間程度。日中にお掃除を行う場合は一度部屋を暗くして1時間程、待ってからお掃除を開始します。

布団乾燥機を使う

表にダニを誘き寄せた後に布団乾燥機で高温にします。ダニは布団乾燥機の熱で死滅することが多いため、暑夏でも布団乾燥機はしっかりとかけること。またコイン ランドリーの乾燥はかなり高温になるため、効果的とも言われています。

@ks._.myhome
@ks._.myhome

布団クリーナーを頻繁にかける

死滅したダニはそのままにせず、掃除機で吸い排出します。布団クリーナーを寝室に1つ常備しておくととても便利です。想像以上にいろいろなものが吸引されるため初めてやるときはびっくりするかもしれません。

@ks._.myhome
@ks._.myhome

洗濯は大切

お布団を洗濯することはとても大切です。この時期は頻繁に洗濯をするようにしましょう。その際も、上の工程を行った後に洗濯をするとしっかりとダニを取り除くことができると言われています。外干しで太陽の光を浴びてもダニは死滅しないので布団乾燥機や洗濯機の乾燥機能を駆使した後に洗濯をするように。お布団をパンパンとたたいてもへばりついているダニを落とすことはできません。

@ks._.myhome
@ks._.myhome

市販のダニよせシートを使うのも大切です。お子様がいらっしゃる方、なかなかお布団を洗濯できない方。しっかりとダニを予防したい方は、こういったアイテムも一緒に使いましょう。

梅雨前から増え始めるダニ。GWどこか1日お布団をケアする日を作ると良いと思います。

みなさんのご参考になれたら嬉しいです。

Instagram@ks._.myhome

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想