タイトル画像

【佐賀市大和町】葉隠の里で緑と芸術に囲まれて、手打十割蕎麦を味わう

久保田翔

地域情報ライター(佐賀市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は佐賀市大和町にあるお蕎麦屋さん、【はなの蔵】さんをご紹介します。

お店を切り盛りするのは岡さんご夫婦。12年前に千葉県から故郷の佐賀県に戻られたご主人が2011年にこの地で開業しました。

建物は100年前に建てられた法務局の登記所をリフォームして使っており、柱やレンガ壁等そこかしこに当時の面影を残しています。

コシのある朝打ちお蕎麦は、おつゆを付ける前にあら塩をちょこっとつけて食べてみると、口の中にお蕎麦の風味が広がり、お蕎麦の味をより強く感じることができます。

関東流の醤油のきいたおつゆに、おろしたての新鮮な生わさびが食欲をそそります。

お蕎麦が手打ちなのはもちろん、そば皿からそばちょこまで武雄の窯で焼かれた手作りの食器が使われており、お店のはしばしからぬくもりを感じます。

お蕎麦を求めて九州各地からお客様が来るのですが、一日限定20食の為13時過ぎには完売することが多いので予約必須です。

町の喧騒から離れゆったりとした時間が流れる憩いのはなの蔵さん。

取材日はあいにくの雨でしたが、あけ放った窓から雨垂れ越しに見る緑艶やかな植物たちは風情があり、景色を堪能しながら食べるお蕎麦は格別です。

敷地には書類保管庫に使われていた倉庫を改装したギャラリーと所長の自宅を改装した集会所【湛然の里】があり、こちらでは第二日曜日と第四木曜日にレコード鑑賞会が開かれ、湛然の里に置かれているクラシックやフォークソングのレコード、または持ち寄ったレコードを濃厚な音響で楽しむ事できます。

現在は鑑賞会が開かれる日限定でカフェ【麻カフェ】が開かれ、お気に入りのレコードを聴きながら香り豊かなコーヒーを楽しむこともできます。

鑑賞会のほか、佐賀県民にはなじみ深い【葉隠】に影響を与えた湛然和尚が晩年この地で過ごしたご縁から、【葉隠】の勉強会も行っています。

また、葉隠四誓願(しせいがん)其四、【大慈悲を起こして人の為になるべき事】の考えから、佐賀医大付属病院にあるこどもセンターに絵本やDVDなどを届けるチャリティー活動も行っており、食事に行かれる時にお子様が大きくなって読まなくなった絵本などがあれば持ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】

はなの蔵

住所:佐賀市大和町松瀬3013-4

電話番号:0952-63-0222

営業時間:午前11時~(無くなり次第終了)

定休日:火・水・木曜日

駐車場:有

シェア

いいね

コンテンツへの感想