モノ/ガジェット

ずっとApple Watchアンチだったぼくが手のひら返しで買ってしまったワケ

熊山准

ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

スマートウォッチならば古くはデータバンクや初代トリプルセンサー、そしてRuputerやi:VIRT Mを愛用してきたミニくまちゃんです。しかしアップル好きながら、どうもApple Watchは気に食わず、ずーっと敬遠して参りました。

その最大の理由がバッテリーのもたなさ。いくら常時スマホとペアリングするとはいえ、1日で電池が切れるのは納得がいきません。せめて3日間は充電いらずで過ごせるスペックは欲しい。

とかなんとか言いながら、それを待たずして買ってしまったのがこのエントリ。

ある媒体の取材用としてアップルから借りてしまったのが運の尽き。たちまちその魅力にやられてしまい、PayPayポイントで購入してしまいました。それは、Apple Watch Series4 Nile+ 40mm (GPS+Cellular)40mm スペースグレー ブラックナイキスポーツループ。なんだかんだ(AppleCare含め)と占めて7万円弱。安くはない。

でも余りある価値があると思ったから。それは……

・他のスマートウォッチに比べ圧倒的にサクサク動く
・心拍数や運動量、睡眠状況などありとあらゆる状況をモニタリング
・今のところApple Musicのみながら音楽プレイヤーとして使える
・セルラーモデルなら単独で着信ができる
・SuicaやApple Payが使える
・つまり単独でアクティビティやお出かけができちゃう
・なおかつバッテリーが2日弱くらいはもつ

つうわけで買うしかねえなと思ったのでした。

なお、ほぼ毎年アップデートする端末ゆえ、本体にお金をかけるのはナンセンスです(ベルトならいいと思う)。ここは最安モデルがオススメ。大した価格差がないため44mmの大きな表示も惹かれましたが、抑制の効いた40mmをあえてチョイスしました。だって小さくて軽いことって貴重だったではありませんか。

ともあれ一度装着してしまったら「いつ充電するんだ?」と心配しちゃうほど手放せないApple Watch。これ以上同社のエコシステムには巻き込まれたくないなと思いつつも離れられない。MicrosoftやGoogleに頑張っていただきたいものです。

・製品情報
https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-4/

…続きを読む