モノ/ガジェット

アップルAirPodsに真のライバル登場!ソニーの完全無線ノイズキャンセリングイヤホン

熊山准

ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いや、今までね、オーディオ系の動画はアップしないようにしてきたんです。

だって音質なんて動画で伝わります? どんなに「音がいい〜」「ノイズキャンセリングで静か〜」と言っても好みや感じ方は人それぞれ。あくまで主観でしかなく、無責任に紹介できないなと思っていたのです。

事実、今回ピックアップするソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3でも「サウンド」と「静粛性」については多くを語りません。そこはみなさん各自で試聴して判断してください。

ぼくが語れるのはあくまで使い勝手と、自腹で買った初代のWF-1000Xとの比較。

でも、そこが肝です。

2017年秋に完全ワイヤレスイヤホンとしてノイズキャンセリング機能を搭載してデビューしたWF-1000X。それはもうたいそう期待しました。iPhoneユーザーとしてAirPodsが気になるものの、あのうどんスタイルは避けたい。せめてブラックが出ればいいのに…と地団太を踏んでいた頃に登場した期待の星でした。

とはいえソニーもあわててリリースしたのでしょう。デザイン以外、お世辞にも褒められるものではありませんでした。

まず、音声データをプレイヤーから左イヤホン→右イヤホンへと伝える形式ゆえ、特に右イヤホンについて頻繁な音切れや激しい遅延が発生しました。あまりにひどいのでソニーストアに持ち込んだら右イヤホンが交換されたほど(それでも音切れはなくなりませんでした)。加えて効いているのか効いていないのかわからないノイズキャンセリング効果。そして2時間強で切れてしまう貧弱なバッテリー。トドメを刺したのはケースにしまったのに充電できていないことが多発した充電ケースの構造的欠陥でしょう。

有料の試作機、それがWF-1000Xだったのです。

そこへ来てマーク2を一気に飛び越え、マーク3として登場したWF-1000XM3は、初代の欠陥をことごとく潰してきました。

・音声データの伝送形式をAirPodsと同じく左右同時におこなうことで切断・遅延を減少
・WH-1000XM3譲りの強力なノイズキャンセリング効果
・本体6時間+充電ケース18時間=合計24時間の長寿命バッテリー
・マグネット式にすることで確実に充電できるようになったケース
・タッチセンサーで再生/NC/SIri操作が可能などなど

何よりも嬉しいのは音切れがほとんど発生しなくなった点です。充電方式やバッテリー寿命の改善もサイコー。

ここからはあくまで主観ですが、音質も向上したように感じます。ノイズキャンセリングの静粛性は完璧とは言えないまでも初代に比べたら雲泥の差。

AirPods以外の選択肢を探している人にようやく胸を張って勧められる、そんな出来栄えなのです。

というわけで普段滅多にオーディオ関係を取り上げないというか、自分ヤフクリ史上初のオーディオ製品をああえて取り上げたことからもマジ推し。だまされたと思ってだまされてみてください。それほどまでにソニー久々の当たり製品だと思います。

で、ポンコツな初代は返品・返金対応した方がいいと思うな、ぼくちゃん!

・製品情報(ソニー)
https://www.sony.jp/headphone/products/WF-1000XM3/

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る