モノ/ガジェット

テントサウナでサ道を極め“ととのい”の境地へ!Mobibaでどこでもサウナ

熊山准

ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

漫画家タナカカツキによる『サ道』がドラマ化されたことでさらなるファンを増やしているサウナ界隈。

実はミニくまちゃんも昨年サ道の洗礼を受けたニワカですが、何かと理由をつけては名古屋出張をぶち込みウェルビー各店にて“ととのって”おります。

サ道は……

1.温浴(サウナ) 10分
2.冷浴(水風呂) 2分
3.外気浴 10分

が1セット。長年サウナには「なんとなく」入っていましたが、実はもっとも大切だったのが3.の行程。浴場や露天に設けられたデッキチェアやベンチで寝転びまったりすれば、●●(自主規制)もびっくりのナチュラルハイがもたらされます。

なお1セットでも十分ハイになれますが、3セットほどくり返すことで“ととのい”の境地へ至る、とされています。しかしひとたびサ道に入ると2時間は食われてしまうため、家族持ちのマニア中心に「家庭を滅ぼすおそれがある」と囁かれているのも現状。

閑話休題。

このたびミニくまちゃんが紹介するのは、そんなサ道を極めた好きモノのなれの果て、都会のサウナを飛び出して、本場フィンランド式とばかりに森と水辺(湖、河川)で楽しむテントサウナです。

ロシア製MobibaのモバイルサウナMB10Aは、テント7.6kg、ストーブ16.8kgとクルマのラゲッジに積み込めるコンパクトサイズながら、大人4人が本格的なロウリュが楽しめる屋外専用のテントサウナ。設営も簡単で、慣れれば20分ほどでOK。

薪ストーブで温めたサウナストーンに水をかければ熱気ムンムンのロウリュ式サウナに。より気分を高めるには乾燥白樺ヴィヒタで水をかけるとテント内にさわやかな香りが広がります。

ミニくまちゃんは初体験だったんですが、これは気候(外気温、水温)さえハマりさえすれば脳がとろけてゆくほど気持ちよし。とりわけ川のせせらぎ、鳥や虫の鳴き声、木漏れ日、そよ風などなど、ありとあらゆる自然のマテリアルが“ととのい”の境地へといざなうのです。

そうそう、いつもはホモソーシャルなサウナですが、テントサウナなら混浴もOK。あまりに非日常がすぎるテントサウナ。お値段はそこそこ張りますが、敬虔なサ道探究者ならばひとつ持っておいても損はない一品かと存じます。

・スペック
室内サイズ:W200×D200×H190cm
価格:13万5000円
※サウナストーン、スパークプロテクター(1万4000円)、サウナベンチ(2万8000円)は別売

・製品情報(FIRESIDE)
https://www.firesidestove.com/information/info9506.html

・ロケ地
西丹沢大滝キャンプ場

・モデル
後藤早貴 @gosakicchi

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る