モノ/ガジェット

ペットにピントばっちり!ポケットサイズに高画質と200mm望遠を凝縮したソニーRX100M7

熊山准

ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

初代から3代目、5代目と奇数モデルごとに愛用してきたソニーのサイバーショットDSC-RX100シリーズ。2019年8月30日に登場した7代目は約15万円、とドン引きしちゃう価格ながらやっぱり買ってしまいました。2年ローンです。

そもそもRX100シリーズはポケットサイズのコンパクトなボディに、スマホカメラより遥かに大きな1インチセンサーと、明るいズームレンズを凝縮した高級・高画質なコンデジブランド。キレイな写真を撮りたいけど一眼レフやミラーレスは重くてかさばるから持ち歩けないな、という層に受けています。

歴代モデルもそれぞれ進化してきましたが、7代目となるRX100M7の最大の特長は、M6から引き続いて採用された24-200mmの8倍ズームに、人だけでなく動物の瞳まで追いかけピントをばっちりキメる「アニマルAF」機能、そして同社カメラのフラッグシップ機であるα9譲りの連写性能でしょう。

つまりトリッキーに動きまわる犬や猫にフォーカスが食いついて、シャッターチャンスを逃さない!ペット撮影がはかどること間違いなし!

RX100M5ユーザーからすると、ワンアクションでポップアップするEVFも嬉しいところ(M6より)。

代わりに失ったものも少なくはなく、「ボディの大型化」「F2.8スタートながらズームするとすぐ暗くなるレンズ」あたりが気になるところ。実際、いつもなら旧モデルはリストラするのですが、RX100M5とRX100M7の2台使いがベストかな?とも感じています。

そうそう、その前にRX10M4(600mmズームができるネオ一眼)も持っているのです。なのになぜ買ったかというと、やっぱり小さくて軽いから。RX10M4が1095gなのに対して、RX100M7は302gですもん。テレ端が600mmと200mm、明るさがF4とF4.5と異なるものの、軽さは正義。機動力の高さにはあらがえませんでした。

もちろん他にも動画性能を中心に順調にアップデートしてきたRX100M7。前述したように約15万円と、初心者用の一眼レフやミラーレスが買えちゃうお値段ですが、この絶妙なパッケージこそが身上と言えましょう。ちなみにソニーストアで購入すれば24回払いまで分割手数料無料ですし、水没や落下まで補償する3〜5年のワイド保証も付けられるのでオススメですよ。

・製品情報(ソニー)
https://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M7/

・モデル
柴犬岳(ガク) 根室観光犬使
https://www.instagram.com/shibainu.gaku/

・ロケ地
北海道羅臼町

…続きを読む