モノ/ガジェット

時刻補正もGPSログもスマホ任せだから安い!? プロトレック初のスマホ連携モデルPRT-B50

熊山准

ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

※商品提供: カシオ計算機

2年ぶりに黒部峡谷を訪れ、とうとう黒部峡谷トロッコ電車から阿曽原温泉を経て黒部ダムまでスルーハイクしちゃったミニくまちゃんです(前回は途中で仙人池にそれちゃったのよね)。このルートは黒部ダム建設のため、ダイナマイトで断崖絶壁を爆破してこしらえた登山道の水平歩道や日電歩道(下ノ廊下)が有名。時には高さ100mにもおよぶため滑落&死亡事故も耐えないデンジャラスな絶景トレイルです。

そんな旅のお供に連れ出したのが、この夏登場したカシオのアウトドアウォッチ「プロトレック PRT-B50」。こちらは従来のコンパス・気圧計(高度計)・温度計にくわえ歩数計も搭載したクワッドセンサーモデルであり、同ブランド初のスマホ連携モデルです。

Bluetoothによるスマホ連携で何ができるかと言いますと、まず自動時刻補正。さらに歩数計のログ確認に世界時計の地域切り替え、アラーム・時報・タイマーの設定など、腕時計だとやり方がわからなかったり、面倒くさかったりする操作全般が可能です。また、時計側のボタンを長押しするとスマホを鳴らして場所を教えてくれる探索機能もあり。

何よりもの美点は、時計で取得した高度データと、スマホのGPSで取得した経路をアプリで記録するルートログ機能でしょう。さらに現在地を記録することで、その場所の方角を秒針で教えてくれるロケーションインジケーター機能も搭載。今回はスルーハイクでしたが、道迷いのおそれがある場合や、ピストンや周回ルートで出発地点に戻りたいときなどに有効ですね。

近頃のプロトレックはソーラー発電機能に、電波時計による自動時刻補正機能、さらに単体で現在地確認やログ取得ができるGPS搭載のスマートウォッチ版( https://creators.yahoo.co.jp/kumayamajun/0300007208 )などがトレンドでしたが、PRT-B50は時刻補正やGPSログ取得を、割り切ってスマホ任せにしたのがポイント。スマホとの通信も低消費電力のBluetoothにすることでバッテリーが約2年もつ長寿命を達成しています。いろんな機能をカットした分、価格を抑えることができ、実売で2万円台とリーズナブル。

今どき登山にスマホを持っていかない人もいないでしょうから、初心者はもちろん、そろそろアウトドアウォッチを新調したい登山愛好家にもオススメです。なお、山行中はスマホを飛行機モードにしておくのがバッテリーを温存する秘訣(※iPhoneの場合、機内モードでもGPSとBluetoothは生きています)。

そうそう、文字盤は視認性の高いデジアナモデルというのもいいですよね。デジタル表示部分に針がかかってしまってもボタン操作で一時的に針をよける退避機能もあるのでご安心あれ。

・主な機能
方位、気圧/高度、温度、歩数を計測するクワッドセンサー
スマートフォンリンク(iOS/Android)
消費カロリー表示
ルートログ
ロケーションインジケーター
モード/表示切り替えカスタマイズ
自動高度補正(GPSによる。1日4回)
自動時刻補正(1日4回)
ワールドタイム都市設定(300都市以上)
アラーム/タイマー設定
携帯電話探索
針退避機能
日の出・日の入時刻表示
ワールドタイム(都市入替機能)
ダブルLEDライト(オートライト)

・製品情報(カシオ計算機)
https://protrek.jp/products/PRT-B50/

・ロケ地
黒部峡谷(水平歩道、阿曽原温泉、日電歩道、下ノ廊下、黒部ダム、ロッジくろよん他)

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る