モノ/ガジェット

留守でも荷物が受け取れる!宅配ボックスが設置しにくい場所でも使えるOKIPPA

熊山准

ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

日本郵便の置き配体験モニターキャンペーン(10万人)に当選したやつです。

Amazon、楽天、ヤフオク、PayPayモール(配慮)と通販なしでは生きてゆけない昨今、由々しき問題は再配達。こちとらさっさと受け取りたいにもかかわらず、留守、睡眠中、入浴中もろもろの諸事情で受け取れず、配達業者の方に何度も足を運んでもらうという、無駄なン度手間が生じています。

それを解決するのが宅配ボックスですが、うちみたいなマンション暮らしだと扉の真横にエレベーターや階段があり設置したくてもできないケースがままございます。

OKIPPAはドアノブに吊り下げる袋状(57リットル・撥水加工)ゆえ場所も取らずに設置することが可能。

使い方は……
1.宅配業者が(開いたままの)南京錠を外す
2.OKIPPAの袋に荷物を入れる
3.南京錠で施錠しダイヤルを回してロック
4.スマホアプリが配達完了を通知
5.ユーザーが解錠して受け取り
という簡単なもの。配達員にもわかるよう使い方を解説したシートも用意されています。

だがしかし、ときどき使い方が理解できずロックなしで荷物を放置していく配達員がいるのも事実。このへんは業界あげての教育・啓蒙が必要かも。また、施錠前はいわば暗証番号がダダ漏れ状態でもあるので狙われたらおしまい。南京錠を指紋認証タイプに変更するなどユーザーの自己責任でセキュリティ向上に取り組んだ方がよいかもしれませんね(もっとも100円/30日の有料プランに加入すれば3万円までの補償が受けられます)。

・製品情報
https://www.okippa.life/

…続きを読む