モノ/ガジェット

検温データはBluetoothで自動送信!スマホ対応体温計で体調を管理

熊山准

ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

※サンプル機提供: A&D

新型コロナウィルス対策はじめ体調管理全般、とりわけ女性は基礎体温の把握などで有意義な体温測定。当然、日ごろから検温してデータ管理したいわけですが、いちいち値を手入力するのも面倒ですよね。

そこでオススメしたいのがA&Dのスマホ対応予測式体温計「UT-201BLE Plus」(実勢価格: 5470円)です。

この体温計は、専用アプリ「A&D Connect Smart」(iOS/Android両対応)をインストールして、一度本体とスマホをペアリングしておけば、検温するたび自動で計測値をスマホに転送してくれるというもの。当然蓄積されたデータは日ごと・週ごと・月ごとと好きな時間軸でグラフ化可能。iOSやAndroidの統合ヘルスアプリにもデータが共有できるので、体温計のみならずあらゆる健康データが一元管理できます。

測定は簡単。電源ボタンを押して液晶にLマークが表示されたら準備OK。あとは普通の体温計と同じく脇にしっかり挟んで30秒ほど待てば検温完了です。もっともこの値は予測値なので、正確な値を知りたい場合は10分ほど待ちましょう。

日常生活だけでなく、旅行やアウトドアにも持っていきたいこの体温計。注意点があるとすれば、データ履歴のリセットは特に用意されておらず、ペアリングしたスマホの切り替え機能もないので、あくまで自分専用という点かもしれません。一家に1本、というより一人1本のBuletooth体温計なのです。

■製品情報(A&D)
https://www.aandd.co.jp/products/medical/hhc/hhc-thermometer/ut201ble-plus/

…続きを読む