モノ/ガジェット

  • いいね

日本未発売のサーモスフードジャーを個人輸入しアイスコンテナーとして使ってみた

熊山准

ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

この夏も、いや購入してからというものの、年中大活躍しているサーモスのアイスコンテナー FHK-2200。ロックアイスを長時間キープできる頼もしいヤツです。

【参考】冷たいドリンクに、アイシングに…氷専用サーモス!アイスコンテナFHK-2200|熊山准
https://creators.yahoo.co.jp/kumayamajun/0300072629

そんなアイスコンテナーも発売後数年が経ち、いよいよ生産終了。あわててカラバリを買いに走りましたが、一方で気になるのが新製品の存在。いつ登場するのか?いや、そもそも発売されるのか?まいにちサーモスのプレスリリースをチェックしていましたが、2021年夏はひとまず出る気配がない。

しばらくカラバリを使うかー、と諦めかけていた頃、海外サイトを検索して出会ってしまったのが、この「STAINLESS KING BIG BOSS FOOD JAR 47oz」です。

見た目は日本でも展開しているアウトドアシリーズながら、こんなにデカいサイズのフードジャーは見たことがありません。47ozと容量は1340ml。減圧弁と緩衝材をかねた内蓋の中に、レンジ対応の2つの容器が入っているほか、直接食品を入れても利用できます。

温度キープの能力は、あたたかいもので10時間、冷たいもので24時間だとか。

つまりこれ、アイスコンテナーとしても使えない? そもそも日本のアイスコンテーも弁当箱を流用したものだし。というわけで海外通販サイトでポチって個人輸入しちゃいました。送料込み日本円で4865円。まあまあ、お買い得では?

見た目はオールステンレスでめっちゃカッコよし! FHK-2200と比べると「蓋の開け閉めがやや面倒」「容量が少なめで1kgアイスだとカップ1杯分ほど余る」「ハンドルしかないのでストラップによる肩がけができない」といった弱点はありますが、蓋が深いので、ホテルの製氷機などで受け皿がわりに使えたりとBIG BOSSならではのメリットもございます。

何度も言いますが、なによりの美点はカッコよさ。こいつがあれば、アウトドアやBBQに旅行はもちろん、おうちの自室でアイスペールがわりに使えます。

今後日本にも導入される可能性もなきにしもあらず、なので、様子見するか輸入しちゃうかはあなた次第。でも注目されるのは今ですよね〜。よね〜。よね〜。

■製品情報
STAINLESS KING BIG BOSS FOOD JAR 47oz
https://thermos.com/products/stainless-king-big-boss-food-jar-47oz

シェア

いいね

コンテンツへの感想


モノ/ガジェットの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る