モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

10分で花粉を79%除去!HEPAを超えたPECOフィルター空気清浄機

熊山准

ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

※サンプル提供: ソースネクスト

花粉症の症状がひどすぎて、この時期は沖縄に逃げているミニくまちゃんです。

とはいえ東京に帰ることもございまして、そんな時に手放せないのが空気清浄機。

モレキュル社の「Molekule Air Mini+」(7万9970円)は、同社が開発した特許技術"PECOテクノロジー"を用いた、コンパクトながらパワフルな空気清浄機です。PECOとは、"Photo Electro-chemical Oxidation"の略(光電子化学酸化)で、光活性ナノフィルターと独自な触媒が、花粉やホコリ、ウイルスなどさまざまな分子を分解、除去し空気を浄化する技術です。

その能力は、おなじみのHEPAフィルターの基準(0.3μmm)の1/1000の小ささの物質(0.0002〜0.002μmm)まで除去するほど。たとえば花粉なら運転10分でおよそ79%を除去、浮遊ウイルスなら90分で99.96%除去、光化学スモッグの原因物質VOCなら90分で検出不能レベルまで除去、ハウスダストなら20分で82%除去してしまいます。

とはいえ使い方は簡単で、コンセントを挿せば自動で電源ON。風量レベルは5段階用意されて任意に切り替えられますが、オートにしておけば常時部屋の空気をモニターしてくれるのでクリーンレベルに応じて風量をコントロールします。Wi-Fi対応ゆえ、外出先からスマホアプリでON/OFFするのをはじめ、風量コントロールやクリーンレベルの確認までできてしまいます。

対応する部屋のサイズは10畳ていどまで。本体は3.3kgと軽量コンパクトでストラップまで付いているため、日中はリビングやキッチンで、夜はベッドルームでと1台で使い分けることもできます。

ひとつだけ注意点があるとすれば、PECOフィルターの稼働時間はおよそ半年(24時間運転)で、以降は新品に交換するまで運転できなくなるところ。8000円のPECOフィルターが年に2回必要なので、そのランニングコストも考慮しておきましょう。

そんなモレキュル Air Mini+は、2022年3月27日までの期間、ほぼ75%オフとなる1万9800円でセール中。花粉症シーズンだけでも乗り切りたいという方はお買い得かもしれませんよ。

■製品情報
モレキュル Air Mini+(ソースネクスト)
https://molekule.jp/product/air-mini

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


モノ/ガジェットの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る