How to

【フレークシール収納】とても優秀!!100円SHOPの仕切り箱

くろねこ

書ク貼ル探求家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

フレークシールの収納は、フレークシールを買い始めてしまった頃からの悩みでした。
色々な収納を試しながら数年が経ち、今は今回ご紹介する収納法に落ち着いています。
使用しているものは、セリアやキャンドゥで見かけるSIKIRIシリーズ。
今回はSIKIRI30という、30個の仕切りがあるものを使用します。

仕切り1つに対して1デザインずつ収納していくととても見やすく使いやすいのですが、フレークシールは10デザイン程入っていることが多いので、10デザインだと10個の仕切りを使用してしまいます。入居できるのは30デザイン、3袋相当しかありません。
フレークシールの在庫がそこそこある場合、箱がどんどん増えてしまいます。
そこで私は1つの仕切りに1袋ずつ、収納しています。
小さな仕切りに1袋分も入るのか?
意外と入ってしまうものなのですよ(*´ω`*)

フレークシールのパッケージ裏にはシールのデザインが載っていることが多いので、その部分だけを切り取り、仕切りの箱の中に一緒に入れてしまっています。
パッケージもかわいいのでなかなか捨てられなかったのですが、この方法にしてからは思い切って、断腸の思いで捨てています。。( ;∀;)
シールの数が増えてきてからは、食べ物や動物、季節ものなど、お仲間別に箱をわけて収納しています。

おすすめポイント
①セリアやキャンドゥで100円で手に入る
②スタッキングができ、積み重ねてもずれにくい!
③フタをしっかり閉めることができるので、猫に落とされてもフタさえ閉まっていれば大丈夫という安心感がある(*´ω`*)
(打ち所が悪いと開いてしまう可能性は否めませんが。。)
④箱に貼られているシールは簡単に綺麗に剥がれる!これは結構大事なポイントです
⑤たくさん収納できる。SIKIRI30の1仕切りに1袋入る場合、30袋分のフレークシールが収納可能

※シールの厚さや枚数によっては、1袋分を1つの仕切りに入れられない場合があります。
そんな時は2部屋に分けて入居してもらっています。
もちろん1部屋に1デザインずつの入居も可能です(^^)/

【SIKIRI30】
外寸 幅233mm、高さ23mm、奥行き170mm
ポケット内寸 約37mm×30mm
他にも仕切りの大きさの異なるものが販売されています。

…続きを読む