タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

セリア新商品 『連結できる保存容器』の意外な使い方と、『固形燃料容器』 との密封性比較の結果共有!

kurukoya

自然&お値打ちギアに虜な、無骨キャンパー&Youtuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆様 こんにちわ!kurukoyaです!

本日でGWも終わりですね!GW最後の日、お出かけを計画されている方も多いのではないでしょうか?

さて、今回はセリアさんの100均キャンプ新商品、『連結できる保存容器』の商品紹介と、『固形燃料ケース』との比較試験をしましたのでご報告をいたします。

予想以上の結果になりましたので良かったら動画も含めてご確認くださいませ。

<連結できる保存容器>

PKGを確認する限りは、キャンプなどに食材を持ち運び、保管する事を念頭に開発されたようですね。

そして、何といっても

最大の特徴は、『連結できる!』という事!!

110円でこんな手の込んだ容器が買えるとは!!!保存容器タワーが出来ますね!

タワー!
タワー!

そして、最上部の持ち手があるので、

吊下げが出来るという事!!!

カラビナなどを取り付けることで、キッチンサイトに吊るすことも可能ですね。

別途カラビナを取り付けてみました。
別途カラビナを取り付けてみました。

容器、フタともに素材はポリプロピレン(PP)で出来ていますので少々熱いものを入れても変形はしません。

食材保存以外の密封性はないという事ですが、私としてはこの素敵な特徴を別用途でも活かせないかという事で。。。

<固形燃料の収納性確認!>

様々な固形燃料の収納性
様々な固形燃料の収納性

100均で販売されている3種類(20g、25g、30g)の固形燃料の収納性を確認してみました。

※実際の模様は動画の方が、よりリアルに収納性が判りますので是非ご確認ください!

ただし、固形燃料の保管に関しては、本来の用途ではありませんので、本来用途である固形燃料ケースとの密封性能の比較検証も行いました。

<固形燃料ケースと密封性対決!>

固形燃料20gを1個づつ、容器内に入れてスタート!
固形燃料20gを1個づつ、容器内に入れてスタート!

あくまで、個人責任での利用方法になりますが、      キャンプに携行するとしたら、凡そ1週間もあれば大丈夫と思いますので、今回は1週間での減量程度の比較になります。 ※現在も継続的に減量確認はしていますのでご紹介できれば!!

9日目の原料比較の様子。
9日目の原料比較の様子。

<結果>

9日目までは固形燃料ケースと同等の密封性能を担保できることが判りました。

※詳細な模様は以下の動画にてご確認ください。

ちなみに、固形燃料ケースを所望される場合は、セリアさんだけではなく、ダイソーさん、キャン★ドゥさんでも同じものが入手できますよ!

各社同型の固形燃料ケース
各社同型の固形燃料ケース

注)くれぐれも、長期保存用ではありませんので、そこはご認識くださいね!

自己責任かつ携行ギアとしての保管目的にはなりますが、

キャンプ装備の選択肢が広がりますね!

それでは、皆様!

良きアウトドアライフを!!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。