タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【ダイソーDRYバッグ】梅雨に活躍!?デジタル一眼レフを入れて防水性を検証してみました。

kurukoya

自然&お値打ちギアに虜な、無骨キャンパー&Youtuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆さん いつもありがとうございます。kurukoyaです!

梅雨に突入しましたね!少し外出するのがお空になりますが、雨のキャンプも良いもので、プレッシャーがなくてフライシートを打つ雨音に耳を傾けながら落ち着いたキャンプが楽しいですよね!(家に帰ってからの乾燥工程は少し面倒ですが。。。笑)

でも雨によって電子機器が壊れたりすると、正直ヘコミますよね。。。

そんな梅雨に活躍しそうなのが、最近では100均各社から発売されているDRYバッグ!2021年にダイソーさんからは3L、15Lが発売され一気に脚光を浴びましたね!  ※現在も販売されています。

そして、最近ではワッツさんからも、新ブランドで5Lタイプが発売されるなど、まだまだ需要はありそうです! 

が、こちらには『IPX6相当』の表示は無かったんですよね。。

ワッツさんの5Lでは、IPX6相当の表示はなし!
ワッツさんの5Lでは、IPX6相当の表示はなし!

ただし、ダイソーさんのDRYバッグは、                                                                                                                          現在も防水性能として、防水規格IPX6相当謳っておりますので、                                                         カメラ撮影を伴うアウトドア活動を行う私にとって、                    不意の雨での心強い味方になるのかを知りたく思い。。

検証してみましたところ、かなり驚き!!な              結果が得られましたので、皆様に共有させていただきます!

<ダイソー DRYバッグ>

※DAISOさんHPより引用
IPX6相当の防水能力。キャンプやアウトドアで                                        突然の雨や水しぶきから防水対策に。濡れては困る電子機器などの                                               保管や濡れたタオルなどの持ち運びに最適です。
・レジャー用防水バッグ(3L)200円(税込220円)                                             
・レジャー用防水バッグ(15L、ストラップ付)500円(税込550円)

<IPX6とは>

カメラや携帯、スマホ等の電子機器の防水性能を規格化したものです。            日本でもJIS規格「電気機械器具の外郭による保護等級(JIS C 0920)」がこれに相当するものとして規格化されています。今回、商品紹介では『IPX6相当』と記載されていますのでIPXの試験条件で言うところの『放水ノズル(直径12.5mm)を使って距離2.5m~3mの間で100L/min±5L/minの噴流をあてる。1min/m2。最低3分間の試験。』をクリアできる性能ということになります。

リアリティにかけるので、ググったところ、IPX規格を解りやすく面白く解説されている動画がありました。その状況を簡単に説明すると、まるで、『滝行の様』でした。かなりの水圧ですね!

IPX試験の様子
IPX試験の様子

つまり、コレに耐えるってことは、                                                                   かなり防水性は高いってことですね。

だったら、雨程度なら大丈夫のはず!!って事で検証をしてみました!

<室内検証>

規格だけで考えると、かなりの効果が期待できたので、長年の愛機。             デジタル一眼レフ(EOS KissX6i)をダイソーDRYバッグ3Lに入れ、

デジタル一眼レフを3LDRYバッグへ
デジタル一眼レフを3LDRYバッグへ

お風呂場でシャワーを上部から2分間ほどかけてみました。                          ※IPX6よりは優しい条件です。

デジイチを入れた3Lバッグにシャワーを当て検証
デジイチを入れた3Lバッグにシャワーを当て検証

すると。。。

緩めたとたんに、折返し部分から。。。

恐怖の、滴り。。
恐怖の、滴り。。

オーマイガー!!!

な、なんと、内部にはうっすら水滴が。。。。                             しかも、デジイチにまで。。

オーマイガー!な瞬間2選。。
オーマイガー!な瞬間2選。。

何故、このようなことが起こるのか??動画内にて物理的法則から原因を考察しておりますので、よろしければご確認ください!

で、でも!淡い期待をしてしまうのが、人間の性。。

シャワーはダメでも、実際の雨では大丈夫なはず!!                                                                                         (諦めワロス)ということで。。。。

<フィールド検証>

雨なら大丈夫かな?
雨なら大丈夫かな?

実際にフィールドで確認してきました!                         雨は土砂降りでは無く、小雨と本降りの中間程度。                                                                                                     ま、しっかり降っている感じ。

1時間半経過しました。。

どうでしょう!
どうでしょう!

さて、結果や如何に???

※結果は以下の動画でご確認ください!!

※15Lタイプの方では間違いない使用方法を簡単にレビューしておりますので、良かったらご確認ください!

皆様、これからの梅雨シーズン!                                                                                             精密機器の保管方法については、                くれぐれもお気をつけくださいます様!

それでは皆様、良きアウトドアライフを!!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。