タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【野球】変化球待ちで真っ直ぐを打つ方法を大公開!!

くっつーのマジバチTV

株式会社GIANT KILLING代表取締役

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!くっつーのマジバチTVです!

今日は

「変化待ちで真っ直ぐのライト前の打ち方」

を解説致します!

<ポイント>

・変化球で三振は絶対にしない事
・変化球待ちをする

基本的に三振しないように変化球を待ちます!

くっつーの場合、真っ直ぐを待っていると変化球を空振りしてしまったので、この待ち方になりました!

イメージは遅い球を待っていて真っ直ぐが来たらびっくりしながら打つ感じです!!

だから振り遅れて勝手にライト前にいきます。これはくっつーの考えですが、経験の差だと思ってます!

真っ直ぐと変化球を打っている量の絶対量が違うと思っています。

だからこそ自分のこと弱い球(変化球)を待って意識して、強い球(真っ直ぐ)を無意識で打つような形です!

<やることのメリット>

・変化球で三振しなくなる
・追い込まれても怖くない

変化球をイメージして待っていれば、三振の確率は極端に下がると思います。遅い球で待っているので泳ぐような空振りは無くなります。

追い込まれても、変化球を打てると思っておけば心理的にも楽になります!

150キロを投げるピッチャーの場合、この待ち方は厳しいかもしれませんが、140キロ台は問題なく対応できます。

追い込まれても怖くないということは、追い込まれるまで100対0で真っ直ぐか変化球を張れる、ということです!

打席の中で意識を変えるだけでバッティングは変わります!

以上くっつーのマジバチTVでした!

ではまた!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。