タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

「変化球を打てれば4番になれる!?」2つのタイプの変化球の打ち方を解説

くっつーのマジバチTV

株式会社GIANT KILLING代表取締役

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

z「4番打者に求められるもの」と聞かれたとき、皆さんは何を想像するでしょうか。

・ホームランを量産するバッター

・チャンスに強く打点を増やすバッター

・チームの皆の期待に答えるバッター

こんなバッターを想像する方がほとんどでしょう。

4番に相応しいのは「どんなバッターなのか」という視点で見ている人は多いものの、「どんな球を打てているバッターなのか」と考える人はなかなかいません。

4番打者に求められるのは投手の決め球(ウィニングショット)への対応能力であり、この決め球は変化球である場合が大半を占めます。

つまり、4番に相応しいバッターに最も求められるのは「変化球への対応力」なのです。

この記事では、変化球の打ち方を待ち方・スイング両方に分けてそれぞれ解説していきます。

「4番打者になりたい」という目標を持っている方は是非参考にしてみましょう。

変化球の打ち方には2つのタイプがある

「変化球の打ち方と聞かれても、身体の感覚ではわかっていても言語化して説明するのが難しい」ほとんどのバッターがそう答えると思います。

変化球の打ち方は大きく分けて「変化球の曲がり側を打つ方法」「変化球の落ちた後を打つ」方法の2種類があります。ここからそれぞれ解説していきます。

①変化球の曲がり側を打つ

一つ目の変化球の打ち方は、変化球の曲がり側を狙って打つことです。

曲がってくるボールの内側(曲がり側)を狙い打つことで、バットの先ではなく芯に近いところでボールを捉えやすくなります。

右バッターの場合、曲がり側はカーブやスライダー系のボールの場合は左側、シュート系のボールの場合は右側となることを意識しておきましょう。

②変化球の落ちた後を打つ

もう一つの変化球の打ち方は、変化球の落ちた後を狙って打つこと。

縦に変化するカーブ系のボールや下方向に落ちる(減速する)変化球を打つときにオススメな打ち方であり、ボールの上をこすってしまうのを防ぐことができます。

落ちた後を打つときは、下に潜りすぎてフライになってしまう角度を練習の段階で身体で覚えておくことがポイントです。

下を狙いすぎてフライを打ってしまう当て方を覚えておくことで、試合で落ちる球が来ても簡単にポップフライを打ち上げないバッターになれるでしょう。

2つのタイプに分かれる変化球の待ち方

変化球の待ち方のポイントも打ち方と同様に、2つのポイントに別れることが特徴です。

変化球を待つにあたってのポイントは「真っ直ぐのタイミングで浮いた変化球を待つ」ことと「変化球のタイミングで低めの変化球を待つ」ことの2種類があります。

変化球の待ち方は皆さんのバッターとしての特徴や得意・苦手なコースによって変わってきます。自分のバッティングスタイルに当てはめて考えてみましょう。

①真っ直ぐのタイミングで浮いた変化球を待つ

まずは、真っ直ぐのタイミングで高めにフワッと浮いてきた変化球を待つ方法についてを解説します。

この待ち方は、「速いボールを待ちながら自分の得意なコース・甘いコースに高めに浮いてきた変化球が来たらきっちり仕留める」というイメージです。

あくまで狙うベースの球は速いボールなので、追い込まれるまでは他の変化球が来ても手を出さず、追い込まれたらファールで逃げるテクニックが必要となります。

②変化球のタイミングで低めの変化球を待つ

変化球のタイミングで低めの変化球を狙い打ちすることも、相手投手の決め球の変化球に対応しやすくなるというメリットがあります。

相手投手に「変化球のタイミングで待っていることに気づかせず、追い込まれた後に決めにくるボールを捉えること」がポイントとなります。

ここで気をつけておきたいのは「急に速いストレートが来てもファールにする」こと、そして「甘いストレートなら迷わずフルスイングする」ことです。

ストレートをカットして決め球を狙って待つ、もしくは甘く入ってきたストレートを捉えることで、相手投手に精神的なダメージも与えやすくなるでしょう。

チャンスの場面では変化球を待つべき

多くの投手はピンチを迎えた時、自分の決め球である変化球を使って勝負してきます。

どんな変化球が来るかは相手投手の特徴や性格によって変わってくるものの、大半の場合は以下のような変化球を投げて打ち取りにくる場合が多いです。

・ストライクからボールになる横変化球

・緩急を着けて浮いてくるカーブなどの緩い変化球

・ストレートよりも若干遅く、キレのある速い変化球

これらの状況の場合、相手投手は「絶対にこの球で決めてやる!」という気持ちで自信のある変化球で勝負を挑んできます。「この球なら対応できないだろう」と少し心に余裕を持って投げてくるピッチャーも多いでしょう。

そこで待ってましたとばかりに狙い球の変化球を確実に仕留めて相手投手にプレッシャーを与えることで、今後の試合の流れも大きく変わるのではないでしょうか。

ピッチャーの性格や気持ち次第では真っ直ぐの可能性も

多くのピッチャーは相手を三振や狙い通りの凡打に討ち取るために決め球には変化球を使ってくるものの、あえて直球を選ぶタイプのピッチャーも一定数います。

中でも球速や重い球を武器にしているパワーピッチャーはストレートを自分の決め球としているため、最後は全力のストレートを食いなく投げ込んでくるでしょう。

直球を決め球とする傾向のあるピッチャーにあたった場合、考えておくべきことは「変化球を狙うか否か」しかありません。

もしあなたが変化球を狙うなら、決め球のストレートの前にカウントを取りにくるストライクゾーンの変化球を狙い、確実に仕留めることがポイントです。

逆にあなたが相手投手の決め球のストレートを待つ場合、途中で緩い変化球がきても決して中途半端に手を出さず、どっしりと自信を持って構えておきましょう。

まとめ

「変化球の打ち方を身につけて4番打者を目指す方法」について解説しました。

変化球の打ち方をマスターするためには、待ち方の「意識」と打ち方の「技術」両方を頭と身体でしっかりと身につけなければなりません。

変化球に対しての正しい対応の仕方を身につけることで、相手投手の決め球を確実に仕留められるバッターになり、やがては4番への道も切り開かれるでしょう。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。