タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【コレをするだけで三振数が激減】三振しないバッターになるための3つのコツ

くっつーのマジバチTV

株式会社GIANT KILLING代表取締役

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「三振を減らすためにはどうしたら良いか?」そんな質問を受けることは多く、私自身も少年野球時代からこの問題の解決方法についてを真剣に考え、取り組み続けてきました。

追い込まれてからの変化球に対応できなかったり、三振を怖がって当てるだけのバッティングをしてしまうバッターも多いのではないでしょうか。

しかし、ただ何も考えずにバットを振っていたり、ストライクゾーンの直球しか来ないバッティングセンターで練習しているだけでは、三振数を減らすことには直結しません。

「三振の減らし方」の答えは自分のバッティングスタイルや相手投手によって変わってくるものの、意識一つで結果は大きく変わってきます。

この記事では、三振の少ないバッターになるためのコツを意識面、技術面に分けてそれぞれ解説していきます。

三振が多くて悩んでいるバッターの皆様は、是非参考にしてくださいね。

三振を減らすためには「追い込まれてからのバッティング」を身につけることがカギ

三振の少ないバッターの共通点は、「追い込まれてからのバッティングスタイル」を自分の中で複数確立させており、それらを試合の状況によって使い分けています。

以下段落では、追い込まれてからのバッティングのポイントを3つに分けて解説します。

追い込まれてからのバッティングのポイント①逆方向を狙う

追い込まれてからのバッティングでまず意識しておきたいのが、逆方向を意識したバッティングをすること。ここで言う「逆方向」とは流し打ちをするイメージであり、右バッターの場合はライト方向、左バッターの場合は左方向を狙うバッティングをすることがポイントです。

右バッターの場合は追い込まれた時にライト方向を意識したバッティングをすることで、ランナーを進めたり、緩急のある変化球にも泳がされることなく対応しやすくなります。

また左バッターの場合、ランナーを進めたいシチュエーションの時にはあえて逆方向を狙うのではなく、セカンドやファースト方向へのゴロを狙うことも一つの選択肢です。

足に自信がある方の場合は、逆方向へのゴロを打つことを意識することで相手のシフトの穴をついたり、自身も塁に残れる内野安打も狙いやすくなりますね。

追い込まれてからのバッティングのポイント②インサイドアウトを徹底する

追い込まれてからのバッティングの2つ目のポイントは、インサイドアウトを徹底することです。

インサイドアウトとは「バットをインで入れてアウトから出す」ことを指し、流れは以下のようになります。

①グリップを体の近く「インサイド」から出す

②そのまま体の中心を通す(胸やヘソなど)

③バットのヘッドがグリップを追い越す

インサイドアウトを意識したバッティングをすることはスイングスピードやミート力が向上しやすくなる他、タイミングが取りやすいため三振数を減らすことにも繋がります。

インサイドアウトについては別記事でも紹介していきます。

追い込まれてからのバッティングのポイント③相手ピッチャーの特徴を把握しておく

相手ピッチャーの特徴を把握しておくことも、追い込まれてからのバッティングスタイルを意識して決めることに直結します。

「追い込まれてからのバッティングをどうするか」を考えるにあたっては、相手ピッチャーの以下のような特徴を把握することが大切です。

・手足や表情の動きなど、決め球を投げるときのクセ

・ランナーが出た時の配給の割合の変化

・左右打者別の決め球、コースの違い

相手投手の独特な癖をしっかり見抜くことも、三振を減らすバッティングに直結するため意識しておきましょう。

三振の少ないバッティングをするために意識しておくべきこと

三振を減らすことはチームへの貢献だけでなく、「自分は相手投手の球にくらいつけている」ことにもなるため、自信の向上にも繋がりやすくなります。

しかし三振を嫌がってただ当てに行くだけでは、自分のバッティングが崩れる原因になりかねません。

三振を減らすバッティングをするためには、以下のことを頭で意識しておくことが大切です。是非一度目を通しておきましょう。

①遅いタイミングで待ち、泳がないように気をつける

「遅いタイミングで待つと差し込まれやすくなるのではないか」と考える方も多いと思われますが、数多くのピッチャーは直球と変化球の緩急を使って勝負してきます。

直球の割合が極端に多い投手の場合は話が別ですが、多くのピッチャーが緩急を使ってくる理由は相手バッターを「泳がせて自分のバッティングをさせない」ことです。

緩急のある変化球に泳がされてスイングを崩されないためにも、追い込まれた時は「遅めのタイミングで待って泳がない」ことを意識することが大切となります。

②「カーブ待ち」を意識する

「遅めのタイミングでの待ち方のイメージが湧かない」そんな方はまず、カーブのタイミングで待つことを意識してみましょう。

カーブのタイミングで待つことで緩急のある変化球だけでなく、高低差のある縦変化のボールへ対応しやすくなることが大きなメリットです。

また普段の練習からカーブ待ちの意識でのバッティングを取り入れて数をこなすことによって、ストライクゾーンの見極める力もつきやすくなります。

③「真っ直ぐはファールで良い」と割り切る

相手投手の変化球に泳がされないバッティングを意識するのと同時に大切なのが、真っ直ぐはファールでも良いと割り切ることです。

遅いタイミングで待っている時に速いストレートがくると、慌てて打ちに行ってポップフライになったり、そもそも手が出ず見逃し三振になるバッターは少なくありません。

ここで意識しておきたいのが、「真っ直ぐにはファールを打つことで対応し、狙い球をまつ」ことです。もちろん真っ直ぐが狙い球なら、来た時に必ず仕留められるよう意識しておくことが大切となります。

もしもあなたが追い込まれてから真っ直ぐ以外のボールを狙う場合、遅めのタイミングで待ちつつ速い球はしっかりカットできるタイミングを意識しておきましょう。

「三振か長打か」を割り切って打席に向かうのも場合によっては大切

ここまで三振を減らすための方法について解説してきましたが、バッターの特徴やシチュエーションによっては三振をすることは必ずしも悪いことであるとは限りません。

もしあなたが長打を期待されるバッターであり、一発が欲しい局面の場合は下手に当てにいかずに思い切りフルスイングすることを求められることも多いでしょう。

また試合の状況によっては「長打が欲しい場面だが、三振だけは避けたい」場面での打席も多く、何を意識しておくべきか迷う方も少なくありません。

以下の点を意識してみてはいかがでしょうか。

ホームランを打つためのポイントについては、別記事にて解説しております。

まとめ

「三振を減らすためのバッティングのコツ」について解説しました。

三振を減らすことで相手に球数を投げさせて粘り強くいやらしいバッターになったり、逆方向への進塁打などでチームバッティングをすることにも繋がります。

しかし、ホームランバッターにとっての三振はフルスイングの証であるという言葉があるように、三振をすることは必ずしもマイナスになるとは限らないことも事実です。

日頃の練習から様々なケースを想定し、どんな球種がきた時も臨機応変にバッティングスタイルを変えて対応することが得策となります。皆さんもこの記事を参考にして、三振を少なくする方法を模索していきましょう。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。