タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ホームランを打ちたい人に伝えたい、シンプルだけど大切なこと

くっつーのマジバチTV

株式会社GIANT KILLING代表取締役

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「ホームランをもっと打ちたい!」野球をやっている皆さんは誰もがこのような思いを抱いたことがあるのではないでしょうか。

数多くのホームランを打った実績のある野球選手は沢山いるものの、一人一人の打ち方や打撃理論は大きく異なるため、参考にする選手を誰にするか迷う方も少なくありません。

この記事では、ホームランを打つためのポイントを意識面、技術面に分けて解説していきます。

「ホームランをもっと打ちたい」と考えている方は、是非参考にしてみましょう。

ホームランを打つためには「狙いを絞る」ことが欠かせない

ホームランを打てるバッターになるためには、まずは「打席の中で狙うボールを決めておく」ことが必要不可欠です。

来た球を打つスタイルのバッターも少なくないものの、実際に多くのバッターはホームランを狙える球をあらかじめ自分の中で決め、そのボールを確実に仕留め続けています。

「いきなり狙いを絞ると聞いても何をどう意識したら良いかわからない...」そう考える方は是非、以下の3つのポイントを意識することから初めてみましょう。

ホームランを打つためのポイント①打つコース・高さを選ぶ

ホームランを打てるバッターになるために意識しておきたい1つ目のポイントは、打つコース・高さを選ぶことです。

自分が打てる球はどこのコースかを認識しておくことで自分にとって最も理想的なホームランのイメージが沸きやすくなります。

自分の中でホームランを狙えるコースや高さのボールが決まっていることは、それ以外のボールが来た時の対処法などを考えることにも繋がる非常に大切なステップです。

ホームランを打つためのポイント②100%ボールを張る

打つコース・高さを決めたら、次は自分の決めたボールを100%張ることがポイント。

自分の決めたボールを100%張るときは、追い込まれるまで狙っているボール以外は全て見逃すくらいの気持ちでOKです。

2ストライクに追い込まれた後は、自分の狙っている球以外は全てカットして相手の投げる球を無くさせるくらいの強い気持ちで打席に臨むくらいの気持ちでいきましょう。

ホームランを打つためのポイント③自分の狙いを信じる

自分が決めたボールを張る時には、"自分が狙っているボールは必ず来る"と信じて待つことが大切です。

「自分の狙っているボールは必ず仕留める」という強い気持ちをもって打席に入り、しっかりそのボールやコースに来た時の対応方法を頭の中でイメージしておきましょう。

また自分の狙いを信じて強気で打席に迎えるようにするためにも、日々の練習での1打席1打席において自分の狙い球や理想の打球をイメージする癖をつけることがポイントです。

ホームランを打つために日々の練習から気をつけておきたいこと

ホームランを打てるバッターになるためには、日頃の練習から気をつけておくべきポイントをしっかり意識して取り組むことが必要不可欠です。

ホームランを打てるようになるための情報は数多くあるため混乱しやすいですが、この段落では中でも特に意識しておくべき3つのポイントを解説します。

①絶対に差し込まれないようにする

「差し込まれる」ということは相手のボールに負けているということにもなり、自分のタイミングでバッティングが出来ていない証拠です。

相手のボールに押し負けず、逆に相手のボールの力を利用するくらいの勢いでスイングをすることを心がけ、自分のベストのスイングで狙い球を確実に仕留めましょう。

②アウトステップする

ホームランを打てるバッターになるための2つ目のポイントは、アウトステップをすることを意識することです。

アウトステップと聞くと「身体が開いている」「小中学生が打席でやりがちな悪い癖」というイメージを連想する人も多いと思われます。しかしアウトステップをすることは必ずしも身体の開きというわけではありません。

ここで意識しておきたいのは、アウトステップをするにあたって前の肩が開きすぎないようにすることで、身体の開きを抑えることを意識することです。

過去に2,000本安打、300本塁打を達成した和田一浩選手(元西武→中日)もアウトステップをするバッターでありながら、スイングをする時にしっかりと前肩を開かずにボールを待っています。

アウトステップに関しては、別記事でも詳しく解説します。

③「背中で打つ」ことを意識する

ホームランを打つために普段から意識しておきたい3つ目のポイントは「背中で打つ」ことを意識することです。

福岡ソフトバンクホークスの柳田選手のバッティングフォームを見るとわかるように、力のある打球を飛ばす選手は必ず背中の力を利用して打球を遠くへ飛ばしています。

また腰の入っていないスイングや手だけで当てにいくバッティングを避けるためにも、背中の力を上手く利用することを意識したバッティングはとても大切なのです。

④手だけで当てにいかない

ホームランを打つために普段から意識しておくべき最後のポイントは、絶対に手だけで当てにいかないことです。

もちろん手首の柔らかさも重要ですが、実際に打球を遠くへ飛ばすためには身体全身の力を打球に乗せることが大切なため、手だけでボールを飛ばすのは簡単ではありません。

また手だけでボールを打ちに行くと手が届きそうなコースのボールを追いかけてしまい、力のない打球を打ってしまう原因にもなりやすいため注意しておきましょう。

「実際にホームランを沢山打っている人」に直接アドバイスを貰うのも一つの選択肢

「自分ではなかなかホームランを打てるようになれる気がしない」

「ホームランを打てるバッターになれるイメージがない」

そんな悩みを抱えているバッターの皆さんにとっては、実際にホームランを沢山を打っている人から直接教えてもらうことも一つの選択肢です。

実際にホームランを沢山打っている人に直接指導してもらうことには以下のメリットがあり、「自分の経験を活かして親身になって教えてくれる」ことが共通点となっています。

・過去の自分の成功・失敗経験を元に指導してくれる

・実際にホームランを打っていた時期に意識していたことをそのまま伝授してもらえる

・自分のバッティングを第三者目線で客観視して分析してもらえる

まとめ

「ホームランの打ち方」について技術面、メンタル面のポイントについて解説してきました。

ホームランを打つためのポイントをまとめると、「自分の得意とするコースから狙い球を絞り、自分を信じてそのボールを待ち、ベストのスイングをする」こととなります。

確実な狙い球を絞り、自分を信じることでこそ、ホームランという最高の形の結果が出た時の達成感は大きいものとなるでしょう。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。