タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

外角が苦手なバッター必見!外のボールへの苦手意識を克服するためのポイント

くっつーのマジバチTV

株式会社GIANT KILLING代表取締役

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

長年野球をやっている人なら誰しも一度は悩む「外角の打ち方」

外角のボールは意識して打たないと手で当てるだけのバッティングになりやすいほか、ストライクゾーンを把握していないとボール球を振っての三振が増える原因になることが増えてしまいます。

日本のプロ野球で結果が出せなかった外国人選手の多くは「外に逃げるボールに対応できない」ことが原因でバッティングを崩されてしまい、持ち前の長打力を活かしきれぬまま退団となったパターンが多いのです。

この記事では、外角に対する苦手意識を克服するためのポイントを解説します。

「外角のボール球を振ってしまう癖が治らない」
「外に対する苦手意識が抜けない」

このようなバッターの皆様には是非参考にしてほしい内容です。是非一度目を通してみましょう。

外角のストライクゾーンを把握できているか?

外角が苦手なバッターに共通する点は「外角のストライクゾーンをきちんと把握できていない」ことです。

外角のボールを苦手としているバッターには以下のパターンがあり、全ての原因は外角のストライクゾーンがそもそもわかっていないことにあります。

・明らかなボール球のストレートを振ってしまう
・外角のボールが遠く見えて手が出ない
・外角の球をバットの芯に当てることができない

外角のボールに対するこれらの苦手意識を克服するためには、頭を使って正しい練習方法を取り入れることが必要不可欠です。以下段落で詳しく解説していきます。

練習で外は打てると納得するまでやる

外に限らず全ての練習に共通することですが、そもそも練習で出来ていないことは試合で出来るわけがありません。

ロープレもしていない営業マンがいきなりお客様の前で自社商品を紹介できるでしょうか。そんなはずはありませんよね。

逆に練習でしっかり出来ていても、試合でそれが実践できないパターンは必ずと言って良いほど存在します。

もし練習で出来ていることを100%試合でできるバッターがいるなら、その選手は打率が限りなく10割に近いのではないでしょうか。

3割打てば一流と言われるバッティング。考え方を変えれば「10打席中3打席以上で安打を記録すれば良い」のです。それを実現するためにも、多くの投手が決め球として使っている外角の直球・変化球に対応する力を身につけるための練習をし、身体に染み込ませることがポイントとなります。

外角のボールを試合で打てるようになるためには、まず大前提として「外は打てる!」と思えるようになるまで練習を繰り返すことが必要不可欠なのです。

外角を打てるスイングを身につけよう

外角に対する苦手意識を克服するためには、日々の練習から外角の「打ち方」と「待ち方」を意識しておくのがポイントとなります。

まずは外角の「打ち方」を3つのポイントに分けて解説します。

①外角は「顔で打つ」

外角を打つときの一つ目のポイントは「顔で打つ」ことを意識することです。

少し大袈裟な表現にも見えますが、ここで伝えたいのは「腰が引けないようにする」こと。

「顔で打つ」ことを意識することで外角を打つ時に身体全体で向かっていく癖がつきやすくなるため、結果的に腰や下半身も仰反ることなくついてくるようになります。

②身体全体で打ちにいく(顔がいけば身体もいく)

顔や腰が引けることなく外角のボールを打てるようになってきたら、次は下半身を含む身体全体で打ちに行くことを心がけてみてください。

身体全体で外角のボールに向かっていくことで当てるだけのバッティングを回避できるほか、外のボールにびっくりして凡打してしまうことも少なくなります。

③振り終わりは前側に倒れるくらいで良い

外角のボールの打ち方の3つ目のポイントは、練習では「振り終わりは前側に倒れるくらいで良い」という意識で打席に臨むことです。

もちろん実際に前に倒れてよいというわけではありませんが、ここでは「しっかり全身で体重移動をして外角を打てるようになる」スイングを身につけることがポイントとなります。

この練習方法は外角のボールを手だけで打って凡打する癖を改善することに繋がります。是非一度試してみましょう。

外角の苦手意識を克服するための待ち方のポイント

ここからは、外角のボールの「待ち方」を解説します。

外角のボールの正しい待ち方を身につけることでストライクゾーンをしっかり把握できるようになる他、狙い球に対して迷いのないスイングをすることにも繋がります。以下のポイントを今一度チェックしてみましょう。

①バッターボックスの立つ位置を変える

外角のボールの待ち方を身につけるための一つ目のポイントは「バッターボックスに立つ位置を変える」ことです。

バッターボックスに立つ位置の変え方は、バッターの皆さんや相手ピッチャーのタイプによって変わってきます。

以下のような場合、バッターボックスにはホームベースに近づいて立つことで外角のボールに対応しやすくなります。

・相手ピッチャーの攻めが外角一辺倒の場合
・肘が柔らかく、インコースを畳んで打つのが得意なバッターの場合
・リーチが長く、外のボールを打つのが得意な場合

反対に以下の場合は、ホームベースから敢えて離れて立つことで外角のボールに対応しやすくなります。

・外角のボールを敢えて狙わない打席の場合
・相手がインコース中心に攻めてくるピッチャーの場合
・外角のボールのストライクゾーンの見極めに自信がある場合

皆さんもこれらのポイントを参考にして、相手投手やバッターとしての自分のタイプによって臨機応変に立ち位置を変えていきましょう。

②インコースはとりあえず捨てる

インコースのボールを捨てて外角一本に絞って待つことも、外角のボールを確実に捕らえられるようになるために意識しておきたいポイントです。

どちらかに絞らず中途半端に待っていると、最終的にどちらに投げられても中途半端なスイングで終わってしまうことになりかねません。

「インコースにズバッと決められたら仕方がない」くらいの気持ちで外角を狙う打席も、状況に応じては長打を狙うための一つの選択肢です。

③外8割・内2割の割合で待つ

外角を狙うバッティングをするにあたっては、「外8割内2割」の割合で待つことがポイントです。

この待ち方をする理由は「基本は外角一本に絞って狙い球を待ち、インコースを攻められてもファールで逃げられるようにするバッティングを身につける」ことにあります。

このバッティングを身につけるには、実際に外角を狙いつつ、インコースに投げられても理想の形でファールを打てるようにする練習をすることが必要不可欠です。

まとめ

「外角のボールの打ち方・待ち方」を解説しました。

外角のボールに対する苦手意識を克服するためには、「待ち方を身につけることでストライクゾーンを把握し、正しい打ち方で力のある打球を飛ばせるようになる」ことが大切です。

外角のボールを苦手としている皆さんは、まずは自分が「外角のボール球を振ってしまう」のか、それとも「ストライクゾーンの外角を打って凡打する」ことが多いのかをしっかり把握しましょう。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。