トレンド/カルチャー

<兵庫屈指のリゾート地>近代化産業遺産に指定された聖域でカフェ時間を楽しむ。

きょん。

カフェ・スイーツ専門ライター/フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

1000万ドルの夜景を楽しめる絶景ポイントとしても有名な六甲山。自然豊かなこの地に1929年開業した「六甲山ホテル」が、現在は「六甲山サイレンスリゾート」として新たな歴史を歩み始めていることをみなさまご存知でしょうか。カフェやギャラリーを併設した館内は、誰でも気軽に利用することができ、新しいドライブの目的地としても注目を集めています。

館から漂う厳かな空気感。
館から漂う厳かな空気感。

国の近代化産業遺産にも認定された「六甲山ホテル」ですが、惜しまれつつも2015年に営業を終了することに。それから4年経った2019年7月、「六甲山サイレンスリゾート」として旧館と展望レストランを再開することになったのです。大阪市内からも1時間足らず、向かう道中から楽しくって、気がつけばあっという間に到着してました。

窓の向こうには神戸の街並みが。
窓の向こうには神戸の街並みが。

今回はカフェ利用でお伺いしたため、そのまま2階へ。窓辺に写る神戸の街並みを観て、非日常的な心的贅沢にすっかり陶酔。カフェで提供されるのは、ハンバーグやパスタといったランチやスイーツなどなど。とりわけ今問い合わせが殺到しているメニューが…

こちらのアフタヌーンティーセット、提供は2021年3月31日(水)迄
こちらのアフタヌーンティーセット、提供は2021年3月31日(水)迄

こちら!なんと高級スポーツカーメーカー<Aston Martin(アストンマーチン)>とコラボしたアフタヌーンティー!スコーンやセイヴォリーに加え、スタンドとは別に運ばれるプレートには、タイヤ仕立てのピスタチオマカロンや、ロゴを刻印したプレート等、アストンマーチン仕様のスイーツがずらり。こんな研ぎ澄まれた場所で過ごせるだけでも十二分に贅沢なのに、アフタヌーンティーを楽しめるなんて"ここ天国だっけ”と錯覚するレベル。

一階には暖炉を配したソファー席も。
一階には暖炉を配したソファー席も。

しかもしかも(!)、3年後にはなんとホテルを開業予定とのこと!もし、この至れり尽くせりな場所にホテルなんてできてしまったら、六甲山サイレンスリゾートという名の楽園になってしまうではないですか…!また、来月4月3日には、ここから車で数分の場所に日本最大級となるアスレチック施設「GREENIA」がオープンするというビッグニュースも。アスレチックの監修には、超人気youtuber「フィッシャーズ」さんも参加されているとのことで、ますます目が離せないですよね…!ホテルにアスレチック施設、とこれらすべてが形となった暁には、六甲山はまさに日本を代表するリゾート地になるでは?と勝手ながらワクワクしておりま

店名:六甲山サイレンスリゾート

住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町南六甲1034

六甲山サイレンスリゾートのHPへこちら。

Instagram公式アカウントはこちら。