タイトル画像

【新店なのに50年の歴史】金沢の名物喫茶が大阪に移築 早くも人気店の仲間入り

きょん。

カフェ・スイーツ専門ライター/フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

どうも、毎日カフェのことや美味しいものについて思いを馳せております、きょん。です。今回ご紹介するのは、大阪市西区にある喫茶店「喫茶 水鯨(きっさすいげい)」。

喫茶水鯨があるのは、大阪市西区の旧大阪居留地エリアに建つ「川口アパート」の中。目の前には日本聖公会の教会堂である「川口基督教会」があったりと、歴史情緒溢れるこの場所にお店がオープンしたのは、2021年9月9日のこと。

実はこのお店、金沢にかつてあった「禁煙室」という純喫茶を移築して生まれた喫茶店。移築までのプロセスはインスタグラムに投稿されているので、ぜひそちらをチェックいただきたいのですが、禁煙室を訪れたことがある方にとっては感涙レベルの空間なのでしょうね、きっと。訪れたことがない私きょん。ですらビビっとくるものがあったほどなので。

朝は11時までモーニングサービスタイムとなっており、以降はナポリタンやオムライスなどの食事メニューやデザートなどがスタンバイ。

今回は、厚焼きたまごサンドがメインとなった「モーニングセットE」(¥650 税込)をオーダー。サラダとドリンクもセットとなっております。

やわらか食感のパンに包まれたふわっふわの厚焼きたまご。濃厚なのだけど軽やかで、4カット分あっという間に完食。数量限定ではあるものの、ハーフサイズでのオーダーも可能なようなので、詳しくはお店の方にお尋ねを。

店名:喫茶 水鯨(きっさすいげい)
住所:大阪府大阪市西区川口1-4-19
営業時間:7:00〜17:00(L.O.16:30)
定休日:月・火
そのほか営業日等の詳細は公式Instagram(外部リンク)をご覧ください!

シェア

いいね

コンテンツへの感想