【気分はすっかり台湾旅行!】人気ビストロが出がける屋台フードが本場さながらの美味しさだった。

きょん。

カフェ・スイーツ専門ライター/フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回ご紹介するのは神戸を代表する人気ビストロ「LE BOOZY(ル ブージー」の新業態としてオープンした「新世紀」。

メニューのテーマは海外の本場の味を再現した"屋台フード"。春夏秋冬に合わせ、三ヶ月に一度料理が切り替わるのですが、9月4日より新たに台湾グルメの提供がスタート。

単品でのオーダーはもちろん、開店から17時までの間はセットメニューもあり。

今回は焼売をベースにメインを選ぶことができるセットでオーダー。
焼売3個は固定となっていて、ごはんものをルーローハンorジーローハン、汁物をシェントゥジャン、タンツーメン、台湾ソーメンからそれぞれ選択可。

ルーローハンとシェントゥジャンをいただいたのですが、焼売を含め、どれも目を瞑れば「ここは台湾?」と思えるレベルの本格的な味わい。
12月にはまた別の国の料理へと変わることになるので、台湾フードラバーのみなさま、ぜひ今のうちに!

店名:新世紀(しんせいき)
住所:兵庫県神戸市中央区加納町4-2-1 EKIZO神戸三宮
営業時間:11:00~24:00(L.O.23:00)※感染症対策の一環で変更の可能性あり。
定休日:不定休
そのほか詳しい情報は公式Instagram(外部リンク)をご覧くださいませ!
https://www.instagram.com/shinseiki_boozys/

シェア

いいね

コンテンツへの感想


トレンド/カルチャーの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る