専門マスター

ベンツのコンパクト4ドアクーペ、新型CLAをチェック&試乗!

LOVECARS! TV!

自動車ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

メルセデス・ベンツのコンパクトクラス群は時間とともにどんどん増殖してきているが、フルモデルチェンジして2代目モデルとして登場したのが4ドアクーペのCLAだ。

このCLAは、AクラスやBクラスと同じアーキテクチャを用いているが、専用の幅広のボディが与えられるのが特徴。このためデザイン的にもワイド&ローでスポーティなクーペとなっている。特にサイドから見たフォルムはコンパクトモデルながら、美しいルーフラインを手に入れているのが特徴だ。

搭載エンジンはこのCLA200dでは2.0Lの直列4気筒ターボディーゼルを搭載する。最高出力は150ps、最大トルクは320Nmを発生し、これを8速のDCTを介して前輪を駆動するFFレイアウトを採用している。

AクラスやBクラスと異なるのは、リアにマルチリンクサスペンションを採用していること。これにより、さらに滑らかな乗り味が実現されている。またボディ幅が広がったことによってタイヤとタイヤの間も広くなっているため、AクラスやBクラスよりもスポーティな走りが実現されている。

では、果たしてその印象は? LOEVACARS!TV!キャスターで自動車ジャーナリストの河口まなぶが試した。

…続きを読む