タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

「ラフォーレ原宿」の入口に石灯篭?! 【東京都渋谷区】

Luna Subito

writer editor(東京都渋谷区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「ラフォーレ原宿」というと、こんなきらきらした感じを思い浮かべますよね。

でも、意外と知られていないのですが、
このきらきら感はラフォーレ原宿の表門に過ぎず、
裏門はまったく違うのをご存じでしょうか?

こちらが裏門。ラフォーレ原宿の裏門に石灯篭がどーん。ちょっとシュールなけしきですよね。神宮前交差点のわちゃわちゃした雰囲気とは全く異なる別世界です。この対面には浮世絵コレクションで有名な太田記念美術館があり、景観としてはむしろ調和しているのですが。

実はここ、かつて原宿駅周辺の高台は「源氏山」と呼ばれていたそう。

ラフォーレ原宿の裏側の入口に源氏山テラスについての説明が。
ラフォーレ原宿の裏側の入口に源氏山テラスについての説明が。

一説では、パワースポットといわれる明治神宮の清正井から流れ出た水が、ラフォーレ原宿の周囲に流れていたのだとか。そう思って眺めると、感慨深いですね。

以前、「原宿にナウマンゾウ」の記事でも書きましたが、原宿駅前ではナウマンゾウの化石も1970年代に発掘されており、はるか遠い昔には原宿一帯にナウマンゾウが棲息していたわけで、今の賑やかな原宿は長い歴史の中のほんの一コマなんですよね。

ラフォーレ原宿に行くときは、ぜひ裏門から入ってみてください。

*****
ラフォーレ原宿
東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿
11時~20時

関連記事
うわさの「愛と狂気のマーケット」@ラフォーレ原宿に潜入。
原宿のナウマンゾウを思う。
神宮前交差点で振り返る原宿ヒストリー

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。