タイトル画像

ジェットストリーム エッジ0.38mmが至極のボールペンである理由

macho

文具系ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

三菱鉛筆から発売されたジェットストリーム エッジ0.38mm。ジェットストリームと言えば文房具に興味がない人でも知っているであろう有名なボールペンだ。
独自開発の低粘度、超・低摩擦のインク「ジェットストリームインク」は滑らかで文字がかすれることもなく、氷の上を走っているかのような感覚でペン先が動く。まさに、このインクが油性ボールペン業界を制したと言っても過言ではないだろう。
そんなジェットストリームには、単色ペン・多色ペンなど多数のラインナップが展開されているが、私が最も“至極の使い心地である”と感じたのが、新たに発売された『ジェットストリーム エッジ0.38mm』だ。

ジェットストリームは今までのラインナップと違い、圧倒的にデザインされたボールペンである。

『ジェットストリーム エッジ0.38mm』 カラー:ブラックレッド
『ジェットストリーム エッジ0.38mm』 カラー:ブラックレッド

ペン尻からペン先に向けて放射状に伸びる六角形のデザイン、そしてギザギザの大型クリップは一見すると海外製の文房具のような佇まいである。この切れ味のあるシャープなデザインは、文房具ファンでなくてもお洒落と感じるのではないだろうか。
グリップ部分には縦に走るライン加工が施されており、ペンを握っても程よくすべらないように設計されている。

グリップが滑らないよう無駄にギザギザな形にしてしまうと、長時間使ったときに指に痛みが出てくる。また、シリコンのような柔らかい素材を使うと知らないうちに指に力が入り、気がついたときには指が疲れていると言うこともよくある。
その点ジェットストリームエッジのグリップは、ちょうどいい力加減で握ることができるので、長時間文字を書く人にとってもストレスを生まないボールペンだと言える。

さらに、このボールペンは「低重心設計」となっている。筆記具における低重心とは、ボールペンの軸の中心から見てペン先側に重心があることを意味する。つまり文字を書くほうに重心があることで、筆記が軽く感じるのである。テコの原理を想像してもらえると分かりやすいかもしれない。

そもそも滑らかに描けるジェットストリームインクに加え、こうした機能面の強みも十分に生かしているのが『ジェットストリーム エッジ0.38』なのだ。

特に昨今では、1日1ページ手帳ユーザーを中心に筆記具にこだわる人も多いと思う。0.38ミリと言う極細ボールペンは、細かい方眼罫の手帳などで大活躍するのは言うまでもない。
細かい文字を書くために、さらにもうひと工夫されているのがこのボールペンだ。「ポイントチップ」と呼ばれるペン先が細長い形状をしているのである。

ジェットストリームエッジの「ポイントチップ」、ペン先の違いを比較してもらいたい
ジェットストリームエッジの「ポイントチップ」、ペン先の違いを比較してもらいたい

この形状により、自分が書いている文字がペンで隠れることなく、非常に見やすいのだ。
視覚的に書いている文字が見やすいという感覚を味わえば、一般的なボールペンの形状(コーンチップ型)だと使いづらいを感じてしまうだろう。製図ペンを使ったことがある人ならその感覚が伝わるかもしれない。

過去に『ジェットストリーム エッジ0.28mm』という0.1mm細いボールペンが登場したが、油性で0.28mmが書けるという衝撃こそあったものの、やはり文字が細すぎて、徐々に書き応えを感じなくなっていってしまった。その点をしっかりとクリアしているのが0.38mmだ。濃く・くっきり書け、しかも極細であるので、プライベートからビジネスまでその使用範囲は多岐に渡るだろう。

『ジェットストリーム エッジ0.38』は書くことがより楽しくなってしまうボールペンだ。2021年、プライベートからビジネスまで自由に使えるボールペンとしてぜひオススメできる1本なので、気になっている人はぜひ試してもらいたい。

シェア

いいね

コンテンツへの感想