タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

必要最低限の筆記具をコンパクトに収納できるペンケースならコレだ

macho

文具系ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

仕事での持ち物はかなりデジタル化しているが、なんだかんだで筆記具は絶対に持っている。

そんな方も多いだろう。

最低限、筆記具とノート(もしくはメモ帳)は必要である。

そこで紹介したいのが、文房具類をコンパクトにまとめる事ができるペンケースだ。

こちらはリヒトラブ(Lihit lab.)から発売されているコンパクトペンケースという商品。

ペンの長さギリギリに設計されているのがポイントだ。

この画像で見るなら、縦が173mm、横が94 mmという大きさになっている。

ちょうど15cmの定規がピッタリ入るが、大きさだけでなく収納力の豊富さも魅力である。

しかもLAMYサファリ(万年筆)のような太軸のペンも問題なく収納できる。

おまけにRHODIA(ロディア)のメモ帳No.12もピッタリ収納が可能だ。

筆記具とメモ帳をこれだけコンパクトに収納できれば問題ないだろう。

文房具ファンに愛さている「つくしペンケース」と比較してもこれだけコンパクトなサイズである。

左:リヒトラブ 右:つくしペンケース
左:リヒトラブ 右:つくしペンケース

スマホ(iPhone11Pro)とほぼ同じサイズだ。このサイズで筆記具が収納できると思うとビックリだ。

さらに、このリヒトラブのコンパクトペンケースは、表面素材が撥水加工生地になっているので、多少の水なら弾いてくれる。

※撥水加工は表生地のみです。完全防水ではありません。

バッグの中で水などがこぼれるトラブルがあっても安心だ。

モバイルバッテリーなどのガジェット類を収納するために使っているユーザーもいるほどだ。

ということでリヒトラブのコンパクトペンケースを紹介してみたが、このサイズ感の良さが伝わっただろうか。

できる限りバッグの中身をコンパクトにまとめたい方にとてもおすすめしたい。

シェア

いいね

コンテンツへの感想