タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

無印良品の1000円万年筆「アルミ丸軸万年筆」の良さについて

macho

文具系ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

無印良品から万年筆が出ていることをご存知だろうか。

文房具が好きな人ならご存知だと思うが、万年筆を使ってみたいという方がデビューするのにおすすめしたい1本だ。

それがこちら。

1本税込み1,090円と手頃な価格が魅力だ。

いわゆる格安万年筆の部類に入るが、この洗練されたデザインは無印良品ならではのものだろう。

キャップを開けるとこんな感じ
キャップを開けるとこんな感じ

一見するとガジェット製品のような見た目。よく言えばApple製品?と思ってしまうほど、デザインが洗練されているのがいい。

ペン先はスチールで、ドイツのシュミット社製のペン先を採用している。

そして注目したいのが、グリップがローレット加工という滑りにくい設計がなされている点だ。

こうしたグリップは、一般的に製図シャープペンで使われることが多いが、万年筆でこのグリップはなかなかないものだ。

つまり、シャープペンの感覚で使える万年筆であると言える。

サイズも細身で、かなり製図シャープペンに近い感覚がある。

こうしたユニークさから、万年筆愛好家も変わりネタの万年筆として購入した方も多いようだ。

気になる書き心地は、スチールペン先らしいカリカリとした書き味で、インクフローもよく書きやすい。

品質に関しては特に問題を感じることはない。

万年筆は多種多様あり、最初の一本を選びにくいところがあるが、無印良品であればチョイスもしやすいだろう。

・初めての一本

・ユニークな万年筆がほしい

そんな方におすすめしたい万年筆だ。

シェア

いいね

コンテンツへの感想