タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ハンモック一つで外で寝泊まりする【ハンモック泊】の魅力と注意点

MAE CAMP

ソロキャンパー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちはキャンプYouTuberのMAE CAMPです!

皆様は、ハンモック泊はご存知でしょうか?
キャンプ泊といえば、テントやコテージで1泊するのをイメージするかと思いますが
ハンモック泊は、テントを張らずにハンモック一つだけで外に寝泊まりすることを意味していますが、今日はその魅力や注意点について、お話したいと思います!

テント無し!ハンモックだけで寝泊まり。それがハンモック泊
テント無し!ハンモックだけで寝泊まり。それがハンモック泊

【ハンモック泊の魅力① 浮遊感】

ハンモックは木と木の間にハンモックを吊るすように設営します。そのためハンモックに腰かけると、独特の感覚(浮遊感)を感じることができます。これが何とも言えない心地良さです。樹木のざわめきや鳥のさえずりを聞きながら、揺られていると自然と一体になったような不思議な感覚を味わえます(^^)

【ハンモック泊の魅力② 解放感】

皆さんは最近外で寝ころんだことはありますか?
大人になると外に寝転ぶという機会が少なくなりますよね。
ハンモックに寝ころんでみると、森の樹木から差し込む光や青い空が見えます。

空中に浮いた感覚の中で空を見上げるというのは、経験した人にしかわからない解放感を感じさせてくれます。

朝目覚めるとそこには美しい空が!非日常を感じさせてくれます。

【ハンモック泊の魅力③ 少ない荷物】

ついつい荷物多くなりがちなキャンプですが、ハンモック泊だと大幅に荷物が少なくなります。これひとつでテントと椅子の役割まで果たしてくれるからですね。
今回使用したハンモック
大きさ:約12cm ×13cm × 21cm(収納時)
重さ:1350g(蚊帳付き)
耐荷重:ハンモック本体350
バックひとつでキャンプにいきたい場合など、荷物の軽量化にハンモック泊は大変有効です。

【ハンモック泊の注意点】

まず一番の注意点は、キャンプ場に行く前にハンモック泊ができるキャンプ場かの確認が必要ということです!ハンモックをかける木がなかったり。。木があったとしてもハンモックそのものが禁止されているのキャンプ場もあります。

寝袋の下には冷気を遮断する銀マットをひいておく
寝袋の下には冷気を遮断する銀マットをひいておく

また、冬はもちろんですが春・秋のキャンプでも寝るときは銀マットを引いて寒さ対策は必要です。

こちらの動画は実際にハンモック泊をした時の動画です。実際の雰囲気も伝わると思いますのでぜひご視聴ください。

MAE CAMP ではキャンプに役立つ情報を発信ております!ぜひフォローいただければ幸いです。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想