タイトル画像

【京都市伏見区】藤森にある愛され系個性派マンガカフェ「yomigaeru」さんが移転…!?

まえちん

地域ニュースサイト号外NETライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

伏見区深草野田町にある雑居ビルとでも言いましょうか、2階建てビルの2階部分。ここに2017年ひっそりとオープンしたのが「マンガカフェyomigaeru(よみがえる)」さん。ここは知る人ぞ知る、唯一無二の漫画カフェなのです。

ゆる〜いカエルの看板がかわいい。 ◯(丸)喜ビルというフォントの力強さに少し怯んでしまいますが勇気を出して扉を開けてください。

ガラス戸を開けると意外にも日光が差し込み 明るい階段が迎えてくれます。靴をロッカーにしまって2階へGO! 肝心の入口や受付を撮るのを忘れてしまいましたがとっても明るくて話しやすいオーマーさんが迎えてくれましたよ。

筆者は一方的にこのお店、こちらのオーナーさんを知っています。なぜならもう1年以上前にはなりますが関西の人気番組「よ〜いドン!」に出演されていて何とあの幻の(?)「となりの人間国宝さん」を手にされていたのですから。

世間でよく目にするいわゆる「漫画喫茶」といえばすごく広い空間の中、いい意味で無機質な個室ブースが並び個室内で照明をつけて漫画を読んだり、パソコン作業をしたり、ただただ時間を潰したり...といったイメージ。※個人の見解です。 こちらのyomigaeruさんも個人ブースは設けられているのですが一つ一つテーマが設けられていて それが物凄く個性的! そして何だろう...全体的に溢れ出す雰囲気はさながら「実家」もしくは「めっちゃ仲の良い友達の家」。 そうここは好きな漫画、ここで初めて出会う漫画をひたすらに「読み込む」空間。まず目に飛び込んでくるのが「こたつブース」!

「漫画家の仕事部屋風」↓ (手塚治虫モデル?)

「下町のマッドサイエンティストの研究室風」↓

憧れの「ゴスロリ風」↓

極めつけが 夢にまでみたあの空間、「ドラえもんの寝床風」↓ いや押し入れ!

...ここで寝そべって漫画を読むって...今風に言わせていただくと「最高かよ!!」

そしてこのギッチギチに詰まった圧巻の本棚に並ぶのは漫画をこよなく愛するオーナーさんが仕入れに仕入れたヒト癖もフタ癖もある漫画たち。「鬼滅の刃とか無いよ〜!」っておっしゃってました。(笑)筆者はそういうスタンスとっても好きです。もうここで「無」となって漫画を読み漁りたい。なのに移転するだって...!!?

そう、そもそも今回お伺いしたのは「yomigaeru」さんが2021年11月末で一旦閉店、2022年2月を目処に移転されるという一報が飛び込んできたからなのでした。改めてオーナーさんに移転の件を詳しく聞いたところ...

●移転先は鳥羽街道(ギリギリ伏見区!)

●移転先は一軒家で今よりもだいぶ広くなる!

●再オープンは2022年2月あたり

とのことでした。詳しい住所やオープン時期はまた追々。やりました、移転先も伏見区でした。ということで日々伏見区のニュースをお伝えしている筆者ですから今後もyomigaeruさんを追うことができます! 再オープンされた際にはぜひまたレポートさせてくださいね。

木曜日・金曜日・日曜日が営業日のyomigaeruさん。藤森の現店舗にも行ってみたい! という方はまだ間に合いますよ。(最終営業日2021年11月28日)

コアなファンの方々に深く愛されているマンガカフェ「yomigaeru」さんの次の展開が楽しみですね!

マンガカフェ yomigaeru

住所:京都市伏見区深草野田町8 2階東

営業日時:木曜日 12時〜18時 / 金曜日 12時〜21時 / 日曜日 12時〜18時

利用料:1時間500円 ※以降30分毎に250円

シェア

いいね

コンテンツへの感想