タイトル画像

【京都市伏見区】琵琶湖の水が…? 琵琶湖疏水(第1疏水)が停水されている光景。鴨も魚も驚いていた。

まえちん

地域ニュースサイト号外NETライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いつもの疏水沿いをお散歩。車も通らない、信号もなく静かな疏水沿いはお散歩にピッタリ。落ち着く眺め...と思ったらいつもと様子が違う...?

あれあれ? いつもナミナミ流れている疏水なのに水がなくなっている! ちなみに桜の時期に撮った通常時はこちらです。

もう少し南下した伏見インクラインあたり。

右奥に鴨さん親子がいるんですが分かりにくいですね。「あれ? なんで水無いの?」といった様子の(?)鴨たち。また春と比較してみましょう。

春の雰囲気との大差。そして何故水がないのか一瞬不安になりましたがその答えはちゃんと京都市上下水道局のホームページにあったのでした。

「琵琶湖疏水(第1疏水)の停水について」 という項目。どうやら毎年冬に停水し疏水路内の浚渫(しゅんせつ)・清掃を行なっているとのこと。今年度に関しては必要箇所の補修工事も行われるそうです。そんなわけで停水予定期間は2022年1月5日(水)〜3月15日(火)。結構長いですよね! 停止区間は大津市観音寺〜伏見堀詰町までの約20kmとなっています。私たちの生活に欠かせない水道水源に関しては給水への影響はもちろんありません! 安心した〜。

といってもこうやって眺めていると所々に魚の背びれが...見えますか? 上流からやって来た子達なのか、はたまた誰かが疎水に放流してここで育ってしまった子達なのか...。この子たちはどうなるの〜。

水を抜いたことで疎水内に捨てられた自転車のようなものも見えます。不法投棄、絶対やめましょう。今回やや長期にわたる停水になりますがとても危険ですので琵琶湖疏水の水路内には絶対立ち入らないようにしましょう!

京都市上下水道局HP

シェア

いいね

コンテンツへの感想