タイトル画像

西宮の老舗寿司店「高辰」大正5年から続くちらし寿司!

まき

PRプロデューサー×ライティング(西宮市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

西宮市にもお寿司屋さんは数々ありますが、なんと大正5年(1916年)から続いている老舗のお店が、アクタ西宮内にある「高辰」さん。

寿司職人兼オーナーの阪上順一さん
寿司職人兼オーナーの阪上順一さん

現在のオーナーさんは、5代目。大正時代からの味を引き継ぐ寿司職人の阪上順一さんです。阪上さんは、「高辰」さんが創業された高木町で生まれ育った生粋の西宮人。

「高辰」さんの店名の「高」は、高木村から。今は高木町ですが、昔は村だったとか。辰は坂上さんのひいおじいさんにあたる創業者、辰蔵さんからきています。

高木町にあったお店は、阪神大震災で被災され、震災後にできたアクタ西宮に新たに店舗を構えられました。檜のカウンターは、創業時からあるものだそうです。

100年以上前から「高辰」さんで使用されているカウンターの檜
100年以上前から「高辰」さんで使用されているカウンターの檜

アクタ西館の飲食店街にある「高辰」さんでは、握り寿司も食べられますが、お勧めはやっぱりちらし寿司。

阪上さんは、レシピはないとおっしゃっていますが、代々ずっと続いてきた味に忠実に作られているそうです。酢飯は優しめの風味。お寿司の美味しさの7~8割はお米で決まるらしく、「高辰」さんでは使用するお米は、特別なブレンドのものを注文しているとか。

ちらし寿司に乗っている、えびおぼろやシイタケの炊いたものなども全て手作りしています。しいたけは2日もかけて炊いているのだとか。

上チラシとちらしがあり、上ちらしには、焼きアナゴなどが乗っていてさらにゴージャスです。

お値段は上らしが2700円、ちらしが1350円(税別)。店内は、透明のシートがあり感染対策がされていますが、テイクアウトもできます。

テイクアウト用のメニュー
テイクアウト用のメニュー

オーナーの阪上さんは、寿司店の息子に生まれたものの子どもの頃からお店を継ぐと決めていたわけではなく、大学を卒業され、就職活動も経験したという異色の寿司職人。ホテルで和食の経験を積んだそうです。

テーブル席もあります。最近は常連さん以外の若いお客さんも多いとか
テーブル席もあります。最近は常連さん以外の若いお客さんも多いとか

店内には、昔の西宮北口界隈の写真が飾られていました。

私のブログでももう少し詳しくご紹介させていただいています。良かったら読んでみてください。

昭和40年頃の西宮北口の商店街
昭和40年頃の西宮北口の商店街

【高辰】

住所:兵庫県西宮市北口町1-1 アクタ西宮 西館1階

電話:0798-67-2545(テイクアウトの場合はお電話必須)

営業時間:11時15分~14時、15時~20時

定休日:火曜日

アクセス:阪急「西宮北口」駅 徒歩3分

(ちらし寿司の写真提供:高辰)

シェア

いいね

コンテンツへの感想