タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

Nike厚底シューズ!特徴と進化を解説

牧野仁

マラソン完走請負人/ランニングトレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

|箱根駅伝選手9割が着用

Nike厚底シューズは2017年に登場し、フルマラソン世界記録2時間01分(未公認1時間59分)、日本記録2時間04分など多くのトップランナーが愛用し次々と記録を伸ばし、2021年の箱根駅伝の全選手の9割がNikeの厚底を着用し走っていた。そのNikeの厚底の特徴と進化を解説します。

上からヴェイパーフライ4%フライニット、ヴェイパーフライネクスト%、アルファフライネクスト%
上からヴェイパーフライ4%フライニット、ヴェイパーフライネクスト%、アルファフライネクスト%

|2017年衝撃の厚底デビュー

 2017年5月に「Breaking 2」(2時間切りを目指すイベント)でエリウド・キプチョゲ選手(ケニア)が2時間00分25秒と言う驚愕な記録を樹立(未公認記録)。そこで履かれたシューズが同年7月に「ヴェイパーフライ 4%」として登場。

 それ以前はミッドソール薄いタイプが主流で厚底は初心者向けやウルトラマラソン(フルマラソンを超える距離)が履くシューズと認知されていたが、Nikeは敢えてトップランナー向けにミッドソールの厚めのシューズを採用した。

|クッション性と反発性、相反する効果を実現。

 反発性を高めるためにはミッドソールの薄いシューズが一般的だった。しかしクッション性が無く、身体へのダメージを受ける。そこでNikeはクッション性と反発性を備えたミッドソール「ズームX」を誕生させた。

 更にミッドソールに「カーボンファイバープレート」を内蔵させ、2016年までのNike最速シューズ「ズーム ストリーク 6」よりランニング効率が4%高いシューズ。それが初代の「NikeズームXヴェイパーフライ4%」として誕生した。

ヴェイパーフライ4%フライニット
ヴェイパーフライ4%フライニット

 |2018年には「ヴェイパーフライ4%フライニット」、2019年にはズームX増量した「ヴェイパーフライネクスト%」

 2018年にはアッパーの素材を伸縮性の高いニットにすることにより、フィット感を向上させた「ヴェイパーフライ4%フライニット」が登場。

 2019年にはズームXを15%増量させ、更に厚底にした「ヴェイパーフライネクスト%」。そしてアッパーもニットから新素材「ヴェイパーウィーブ」を採用し軽量化し、ズームXを増量したにも関わらず、以前のモデルと同等の軽さを実現させた。

ヴェイパーフライネクスト%
ヴェイパーフライネクスト%

|2020年ズーム エア ポッド内蔵した「アルファフライネクスト%」の登場

 2019年10月「イネオス1:59チャレンジ」(2時間切りを目指すイベント)エリウド・キプチョゲ選手(ケニア)が1時間59分40秒を記録し、そこで履かれたシューズ、全体のソールが39.5mmの厚底シューズ「アルファフライネクスト%」が誕生。

 特徴は、前足部の「ズームエアポッド」、これを内蔵させたことにより反発性を向上させた。更に「カーボンファイバープレート」を改良させ、ズームXも増量した。

アルファフライネクスト%
アルファフライネクスト%

|エアポッドの内臓により、アルファ派とヴェイパー派に2分されている

 2020年に「アルファフライネクスト%」登場したが、2021年の箱根駅伝選手のNike着用率を見ると「ヴェイパーフライネクスト%」の方が若干上回っていた。

 その理由の一つが「エアポッド」。設置面(スイートスポット)が限られているため、走り方を「アルファフライネクスト%」合わせる必要性がある。一方「ヴェイパーフライネクスト%」は設置面(スイートスポット)が広く使いやすいので、どなたでも履きこなせる万人受けするシューズだ。

 今後もどのように進化するのかNikeの厚底シューズに目が離せない。

#アルファフライネクスト% #ヴェイパーフライ4% #ヴェイパーフライネクスト%

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。