タイトル画像

専門マスター

  • いいね

話題のHOKA「厚底ランニングシューズ」カーボン内蔵した3足!その違いは?

牧野仁

マラソン完走請負人/ランニングトレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

|スニーカーファンもこぞって履くHOKA

 近年、街履き見かけるようになった「厚底シューズ」。その中でも人気の急上昇なのが「HOKAONEONE」。元々ウルトラマラソンなど、フルマラソンより長い距離を走る時に脚を守ってくれるシューズとして10年近く愛用していますが、こんなに人気になるとは夢にも思いませんでした。その位、市民権を得ています。

左からロケットX カーボンX2 ボンダイX
左からロケットX カーボンX2 ボンダイX

|厚底に加えてカーボンプレートを内蔵

 「厚底シューズ」に加え、カーボンプレート内蔵タイプも登場、そのバリショーンは他ブランドの追随を許さない。

・ロケットX;軽量タイプ
・カーボンX;どんなバランスでも安定してくれる
・ボンダイX;クッション性はナンバー1

左からロケットX カーボンX2 ボンダイX
左からロケットX カーボンX2 ボンダイX

|それぞれのレベルで着用

 同じ「厚底シューズ」でカーボンが内蔵されていますが、それぞれ特徴があります。

・ロケットX;スピードを追求したタイプ。一方で他の2足比べると安定感にかける
・カーボンX;脚がよく回る構造「メタロッカー」がスピードをサポート
・ボンダイX;耐久性も高い、一方で一番重い

左からロケットX カーボンX2 ボンダイX
左からロケットX カーボンX2 ボンダイX

|ランニングのレベルも問われます

 3足それぞれ特徴があり、ランニング走力で選ぶことも出来ます。

・ロケットX;スピードのある上級者向き
・カーボンX;長い距離のスピードをキープ、中上級者向き
・ボンダイX;クッション性が高く、安定したバランスで初心者の方にも安心して履けます。

ランニングに特化したシューズですがそれぞれの特徴も違います。価格も機能満載のボンダイXが高く、続いてカーボンX、ロケットXと違います。色々な体験する意味でも試し履きなど体感してみては如何ですか?

Written by マラソン完走請負人/牧野仁です
 有限会社スポーツネットワークサービス代表取締役。初心者向け走り方教室「Japanマラソンクラブ」を立ち上げ、様々な方々に走るまでの準備やケガを防ぐ走しり方などを指導。走ることを軸に、旅行(旅RUNの名付け親)や食、健康、美など提供しています。ジョギングインストラクター資格認定講座も開催。
著書;楽して走ろうフルマラソン(ランナーズ)。フルマラソンスタートBOOK(エイ出版)。目からウロコのフルマラソン完走新常識(実業之日本社)など多数。
テレビ;「ラン×スマ(NHK BS)」「ソレダメ(テレビ東京)」など出演。
「相棒」「警視庁・捜査一課長」などランニング監修。
雑誌;Tarzan(マガジンハウス)ランニングスタイル(エイ出版)MONOQLO(晋遊舎)など、監修
YouTubeチャンネル:ビギナーランニングマガジン / 完走請負人牧野

シェア

いいね

コンテンツへの感想