タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ランニングシューズ】初心者にも対応!「PUMA」厚底シューズ2選

牧野仁

マラソン完走請負人/ランニングトレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

|クッション性の高いソール

 PUMAのイメージとしては、サッカーが印象深いですが、陸上にも強みがあり、その中でも短距離のウサイン・ボルト選手やサニブラウン選手はPUMAを履いて疾走していました。勿論ランニングシューズも充実していて、その真価が今年クッション性の高いミッドソール「ニトロフォーム」を誕生させました。

|初心者にも履きこなしやすいカーボン内蔵シューズ

 「ニトロフォーム」搭載のシューズで今年2月に発表されたのが「ディヴィエイトニトロ」です。このシューズはクッション性は勿論、トップ選手が使用している「カーボンプレート」を内臓しています。他のシューズであれば反発力を最大限に活かすため、シューズを手で曲げ難くしています。しかし、初中級者の場合、設置時間が長いので少しでも屈曲性があると怪我のリスクが減りつつ、反発も得られるこのシューズはそんなランナーに優しいシューズです。

|ニトロフォームを普段に使う

 「ディヴィエイトニトロ」より「ニトロフォーム」をふんだんに使い、よりクッション性を上げたシューズ「マグニファイニトロ」、フルマラソン初心者など脚への負荷を軽減されるには、「カーボンプレート」を省きその分ミッドソールを更に厚くさせたこのシューズはお勧めです。長い距離の不安解消に繋がります。

|より特徴的なシューズを展開するPUMA

 長くPUMAのシューズを愛用していると、チャレンジ精神が豊富と感じるところが多い、今回の「ニトロフォーム」もその一つ、限定でトップランナー用の「ディヴィエイトニトロエリート」を出すなど、挑戦するPUMAのランニングシューズから目が離せない。

Written by マラソン完走請負人/牧野仁です
 有限会社スポーツネットワークサービス代表取締役。初心者向け走り方教室「Japanマラソンクラブ」を立ち上げ、様々な方々に走るまでの準備やケガを防ぐ走しり方などを指導。走ることを軸に、旅行(旅RUNの名付け親)や食、健康、美など提供しています。ジョギングインストラクター資格認定講座も開催。
著書;楽して走ろうフルマラソン(ランナーズ)。フルマラソンスタートBOOK(エイ出版)。目からウロコのフルマラソン完走新常識(実業之日本社)など多数。
テレビ;「ラン×スマ(NHK BS)」「ソレダメ(テレビ東京)」など出演。
「相棒」「警視庁・捜査一課長」などランニング監修。
雑誌;Tarzan(マガジンハウス)ランニングスタイル(エイ出版)MONOQLO(晋遊舎)など、監修
YouTubeチャンネル:ビギナーランニングマガジン / 完走請負人牧野

シェア

いいね

コンテンツへの感想