専門マスター

  • いいね

【水彩レタリング】透明水彩のHAPPYなカラーで「Let it be」を書いてみよう!

Maki Shimano

カリグラフィーアーティスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

Maki Shimanoのモダンカリグラフィー1Point Lesson。
手書きがもっともっと身近なものになるよう、
様々なお道具や手法を使って広がる世界の魅力をお伝えしていきます!

今回は固形の透明水彩絵具と水筆を使い「Let it be」を書いてみました。
使った透明水彩絵具はイギリスの老舗メーカー、Winsor&Newton(ウィンザーアンドニュートン)。
比較的リーズナブルな金額で高品質な絵具、コットマンシリーズを使っています!

筆で水分量を調整しながらお好みの透明感にして書いていきましょう。

【使用道具】
W&N コットマン水彩 ハーフパン 12色スケッチャーズポケットBOX
https://webshop.sekaido.co.jp/product/A000825
(世界堂参考価格)2,541円

※わたしのInstagram @mscalligraphy(メインアカウント)や @makishimano_designs (ギャラリー)にはモダンカリグラフィーの作例や活用方法をご紹介しているのでそちらも是非参考にしてくださいね!

参考著書(発売順)
BNN新社「モダンカリグラフィー 自分のスタイルを表現するハンドライティングの技術」
BNN新社「はじめてでもきれいに書けるiPadレタリング」
世界文化社「筆ペンではじめるモダンカリグラフィー」
世界文化社「大人可愛い手帳&ノートの書き方 モダンカリグラフィーで毎日が楽しくなる」

是非気軽にフォローしてくださいね!
手書きを一緒に楽しみましょう:)

シェア

いいね

コンテンツへの感想


専門マスターの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る