タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

v6プラス対応かつ6ストリーム搭載のWi-Fi6ルーター「TP-Link Archer AX73」

マクリン

ガジェットブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

高速インターネットが大好物のマクリンです。

多くの光回線の接続方式は「IPv4 PPPoE」ですが、スピードにこだわるなら、利用者が増えても速度が落ちにくい「IPv6 IPoE(v6プラス)」がおすすめ。

しかし、世界シェアNo.1であるTP-Link製のWi-Fi6ルーターでも、v6プラス対応モデルはなかなかありませんでした。

そんな中「Archer AX73」が待望のv6プラスにようやく対応しました。

1万円台前半ながら、Wi-Fi6・v6プラス対応で最大4,804Mbps(5.0GHz帯)までサポートし、高速性に重きを置いたモデルに仕上がっています。

本記事では実際にその速度を測定しましたので紹介します。

<ご提供品>
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

スペック比較

同社のデュアルバンドWi-Fi6ルーターでスペック比較してみました。

唯一の6ストリームかつv6プラス対応はポイントが高く、最大通信速度も頭ひとつ抜けています。

和を若干感じる模様と、斜めにせり出したピアノブラックのコントラストがこじゃれています。

本体から6本のアンテナが突き出し、自由度高く動かすことができます。

LANポートは4つとそれなりに付いています。

しかし、WAN/LANポートの速度規格は最大1Gbpsで、Wi-Fi6対応であることを踏まえると、せめて最大2.5Gbpsのマルチギガビットに対応してほしかったところ。

通信速度を計測

我が家のプロバイダーは「enひかり」で、最大10Gbps対応の光回線を敷いています。

Wi-Fi6対応端末のiPhone 12で12時台に計測したところ、下りで600Mbps以上を記録し、WANポートが最大1Gbpsなのにかなり高速でした。

v6プラス未対応の上位機種より速度では上回っており、v6プラス対応の恩恵はかなり大きいと感じました。

1万円台前半と安いのにくわえ、6ストリーム対応かつWi-Fi6・v6プラス対応と、現実的な路線では最強のルーターといえるのではないでしょうか。

どうも、マクリンでした。

こういった記事を今後も読みたい方は、Yahoo!アカウントで「フォロー」をぜひよろしくお願いいたします。

シェア

いいね

コンテンツへの感想